編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

レッドハット、「OpenShift Container Platform 3.5」の一般提供開始

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-18 11:11

 Red Hatは米国時間4月13日、コンテナアプリケーションプラットフォームの最新版「OpenShift Container Platform 3.5」の一般提供を開始した。今回のアップデートは、「Kubernetes 1.5」「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」、そして統合されたDockerコンテナランタイムをベースとしたエンタープライズ向けのコンテナプラットフォームを提供する。


 OpenShift Container Platform 3.5には、以下の機能が含まれる。

 StatefulSets:Kubernetesは、統合されたストレージオーケストレーションなどの機能によってステートフルサービスのサポートを既に提供しているが、SQLデータベースやメッセージングキュー、そのほかの「pet」サービスなど、従来のステートフルサービスの多くは、クラスタ内の各サービスインスタンスの構成を管理するのに、もっと多くの機能が必要である。Tech Previewで提供が開始されている「Kubernetes StatefulSets」は、スケーリングなどを自動化するKubernetesの強力な機能を従来のステートフルサービスにもたらすので、それらを仮想マシンや物理サーバ上で直接実行するのではなく、コンテナ内で実行することができる。

 クラウドネイティブのJava:OpenShift Containerは従来のJava EEアプリケーションを実行するプラットフォームを既に提供している。これには、Red Hatの「JBoss Enterprise Middleware」ポートフォリオからの、完全に統合されたエンタープライズ向けミドルウェアサービス群が含まれる。今回のアップデートにより、クラウドネイティブワークロード向けの新しいJavaコンテナイメージが提供されるようになった。これを利用することで、開発者は新しいクラウドネイティブのJavaアプリケーションのコーディングに集中できるようになる。その一方で、このプラットフォームはOpenShiftの「S2I」(ソースからイメージを生成する機能)を通して、完成した実行可能な成果物のコンパイル、ビルド、アセンブルを行う。

 拡張された開発者ツールボックス:OpenShift Container Platform 3.5は「Red Hat Software Collections」もサポートする。Red Hat Software Collectionsは、「Redis」やMySQL、PHPなどのアップデートを含む最新かつ安定した開発者ツールや言語を集めたものだ。

 総合的にみると、今回のアップデートは、古いソフトウェアをクラウドに移植したり、新しいクラウドベースのプログラムを構築する開発者を想定している。

 OpenShift Container Platform 3.5では、コンテナのセキュリティも向上しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]