編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF
松岡功の一言もの申す

中堅中小企業向け事業に注力するSAPジャパンの“本気度”

松岡功

2017-08-03 13:26

 SAPジャパンが中堅中小企業向けビジネスに注力している。同社にとっては、これまでなかなか入り込めなかった市場だ。果たして、その“本気度”はどうか。

中堅中小企業向けビジネスの進捗を披露


会見に臨むSAPジャパンの牛田勉バイスプレジデント ゼネラルビジネス統括本部長

 「中堅中小企業向けビジネスでは、われわれはまだまだチャレンジャー。もっと各種製品やパートナーとの協業、マーケティングの強化を図っていきたい」――SAPジャパンの牛田勉バイスプレジデント ゼネラルビジネス統括本部長は、同社が先頃開いた中堅中小企業向けビジネス戦略についての記者説明会でこう強調した。

 SAPジャパンは中堅中小企業向けビジネスの拡大に向け、今年1月に営業組織体制を大幅に強化するとともに、牛田氏の冒頭の発言にあるように、製品ラインアップの拡充やパートナーとの協業およびマーケティングに注力している。

 その取り組みについては、4月に開いた会見で説明した。その会見のポイントについては、2017年4月6日掲載の本コラム「SAPジャパンの中堅中小企業向け新戦略は奏効するか」をご覧いただきたい。その際、牛田氏が「SAPジャパンとしてかつてない取り組みだ」と語ったのが非常に印象的だった。それから3カ月余り経った今回の会見は、いわばその後の“進捗報告”を行った格好だ。

 牛田氏によると、最近の活動としては、6月にパートナー6社と「案件創出ワークショップ」を開き、最新のデジタルマーケティングの手法や新規営業の獲得手法を共有したという。これについては、今後も定期的に開催していく計画だ。

 また、パートナーへの技術支援にも注力。4~6月には合計で40回の技術サポート勉強会を開催し、170社1300人のパートナーが参加した。新規パートナーも増やしている。1~3月に10社を獲得したのに続き、4~6月も同じく10社が加わった。パートナーに関する今後の重点施策としては、「クラウドサービスにフォーカス」「ERP以外の製品も積極的に推進」「全国のエリアをカバレッジ」の3点を挙げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]