編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
FinTechの実際

FinTech普及へのウェブマーケティング--“気持ちを変化”させるためのテクノロジ

小川久範

2017-07-25 07:00

 新しいFinTechサービスが普及するためには、当然ながらマーケティングが必要である。ところが、これは思う以上に難しい。FinTechには従来のマーケティング手法があまり適していないと考えられるためだ。

 しかし、筆者が最近ウェブマーケティングを支援する企業を調査する中で、新たな潮流が見えてきた。そしてそれは、FinTechに適したものと思われる。

既存メディアの特徴とFinTechマーケティングの問題とは

 企業がマーケティングに取り組む際、予算にもよるが、マスメディアの活用が候補に挙がるだろう。ネットサービスやアプリでも、新規ユーザー獲得のためにテレビCMを選択することは珍しくなくなった。

 テレビでは、スマートフォンのゲームやキュレーションアプリのCMを見ない日の方が珍しいかもしれない。また、情報番組や雑誌などでも製品やサービスが取り上げられれば、多くの集客が見込める。

 マスメディアは、それまで製品やサービスを知らなかった人々にそれを認知させ、「買いたい」「利用したい」というように「気持ち」を変化させることに長けたメディアと考えられる。


提供:Laurent Delhourme, Getty Images/iStockphoto

 例えば、旅行に行くつもりがなかった人が、なんとなく沖縄の旅行番組を見ているうちに、現地に行きたくなるというのは自然な話だろう。

 ただし、FinTechがテレビで紹介されても同様の効果が得られるとは限らない。テレビや雑誌を見るのは年齢の高い層が中心で、若者ほどスマートフォンばかり見ているとされる。

 特に高齢層はITリテラシーがあまり高くないと推測され、そもそもFinTechのユーザー層とは異なる可能性がある。

 実際に、某経済誌でサービスが紹介されたFinTech企業から、期待したほどはユーザー獲得につながらなかったという話も聞こえてくる。

 もちろん、比較的年齢が若くITリテラシーが高い層も、テレビや新聞などのマスメディアを利用しないわけではない。

 ただし、テレビCMでユーザー獲得に効果を上げているのはゲームや、タブロイド紙のような記事を提供するキュレーションアプリである。

 これらのユーザー層がFinTechの潜在ユーザー層とどの程度重なるのか、十分な広告効果を得られるのかについて検証が必要だろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]