FinTechの実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

  

記事一覧

  • “バブル”が生み出した、骨太国産FinTechの台頭

    2017年3月3日にFIBC(Financial Innovation Business Conference)2017が開催された。

  • FinTech時代の情シス改革論--開発力を取り戻せ

    金融機関は、これまで新しいテクノロジの導入に積極的で、FinTechが注目される以前から先進的な情報システムを構築してきた。顧客の要望に応じてサービスを改善し、新商品を提供し、それに合わせてシステムも改修してきた。しかし、いつの間にか金融機関の先進的なイメージは薄れてしまったように思われる。

  • 2017年はFinTech体験の機会が増大--利用者のニーズが明らかに

    金融機関や大手企業の中には、ベンチャーと付き合うのが恐いという人がいる。ベンチャーと仕事をしたことがなく、実態が分からないためである。最近でこそベンチャーがメディアで取り上げられる機会は増えている。それでも一般の人々にとって、ベンチャーはまだまだ縁遠い存在である。

  • 金融機関が「FinTechベンチャー恐怖症」になる理由

    金融機関や大手企業の中には、ベンチャーと付き合うのが恐いという人がいる。ベンチャーと仕事をしたことがなく、実態が分からないためである。最近でこそベンチャーがメディアで取り上げられる機会は増えている。それでも一般の人々にとって、ベンチャーはまだまだ縁遠い存在である。

  • FinTechがベンチャーと親和性を持つ理由--イノベーションに向かない金融機関

    今回はFinTechにベンチャーの力が必要な理由について、金融機関とベンチャーの差異に着目し、もう少し深く考察してみたい。

  • 上司に「FinTechをやれ」と言われたら

    FinTechブームである。メディアはFinTechのニュースを取り上げ、専門の雑誌まで誕生した。FinTechが衆目を集めるにつれ、挑戦する起業家が増え、そこに資金を供給するベンチャーキャピタルは新しいファンドを設立している。上場企業がFinTechベンチャーとの提携を発表すると、それだけで株価が高騰する始末である。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]