調査

ITモダナイゼーション市場、2016年度は「リライト」が台頭

NO BUDGET 2017年08月10日 09時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミック経済研究所は8月8日、ITモダナイゼーションソリューションの市場動向に関する調査結果を発表した。

 同研究所発行の「ITモダナイゼーションソリューションの市場動向 2017年度版(更新版)」によると、 ITモダナイゼーションのソリューションSI市場は、2016年度実績が248億6000万円、対前年比100.6%となった。また2017度は、対前年比105.6%を見込む。同市場は、主に3つの手法による開発案件および関連サービスで構成される。

 同調査では、「リホスト」「リライト」などマイグレーション手法別に市場分析している。これによると、リホストは2016年度実績で97億9000万円となり、構成比で72.5%を占めるが、対前年比では94.5%と縮小した。リライトは2016年度実績で31億6000万円、構成比は23.4%だが、対前年比119.7%と伸長した。


ITモダナイゼーションの主要3手法


ITモダナイゼーションソリューションの手法別市場規模推移 (単位:百万円)

 同市場は、COBOL資産のマイグレーションをきっかけに成長し、メインフレームの老朽化に伴う開発案件規模が億単位に大型化してきた。しかし同研究所では、国内メインフレーム市場は縮小しており、大型案件は収束しつつあるとしている。

 リホストは、プログラム言語は変えずに既存のアプリケーションを機能させるものだが、既にリホストを行ったユーザーも、将来的にはプログラム言語を変更するリライトを視野に入れる必要がある。今回の調査でもリライト市場は、メインフレーム向けの「COBOL to Java」の大規模システムに関するものが多いとされている。そのため、技術力の高いSIerほど、売上規模(人月ビジネス)としてリホストよりもリライトを優先的に提案しているという。

 またリホストやリライト以外の手法として、既存システムとプラットフォームはそのまま残し、インターフェースを追加してUIを改良する「リインターフェース/ラッピング」がある。同研究所では、この手法が主にAS/400(RPG)ユーザーを対象としているもので、これらのユーザーは、費用面などを考慮し、同手法で十分だという意識が強いとしている。

 3つの手法全体では、製造業のニーズ向上や、企業合併や外資統合などを背景とした金融業の伸びにより、2017年度は対前年比110.2%と伸びる見込み。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算