企業セキュリティの歩き方

「運用でカバー」という魔法の言葉--システム部門を悩ますセキュリティでの現実 - (page 3)

武田一城 (ラック) 2017年09月14日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティ対策も「運用でカバー」に陥る

 このように、大規模なシステムのリプレースは、どうしても安定稼働やリスクを抑えたものになりがちだ。また、それを乗り越えて実現したとしても賞賛されることは非常に稀(まれ)だ。一方で失敗した時は、ほぼ確実に責任を負わされるハイリスクでローリターンの悲劇的な状況となる。このような環境においてセキュアなシステム環境という理想を追求できる人がいるとすれば、それは鉄の信念を持っている人と言える。常人にできることではない。

 本来ならシステムのリプレースは、ゼロから「何を守るべきか?」「情報をどのように管理すれば守りやすいか?」「システムの脆弱な箇所への効率的な手当てをどうすべきか?」といった本質的な部分を見つめ直し、セキュリティマネジメントをベースとしたシステムへ変革する絶好のチャンスだ。しかし現実問題としては、結局その絶好のチャンスを掴み損ねている。大規模なシステムリプレース時にセキュリティ強化策が検討されるものの、システム全体を設計し直さなければならないような抜本的な変更が必要な選択肢は、ふるい落とされる。

 しかしながら、今やセキュリティ対策は経営課題となっており、その強化を怠ることは、もちろん許さない。その結果、システムリプレース時に導入されるセキュリティ強化策は、メディアなどで取り上げられる最新のセキュリティ対策製品となる場合が多い。

 もちろん、最新製品にも一定の効果はあるが、その組織にとって本当に守りたい情報などを守るために最適な手段になるものかどうかは、十分に議論されないことが多いだろう。そもそも、システムの安定稼動に影響を与えかねないものは、選択肢から除外されている。セキュリティの強化を検討する土台自体がいびつな状況であり、そこから最適な姿にたどり着くための議論をするのは非常に難しいといえる。

 また、最新のセキュリティ対策製品を導入すれば、多少的外れであろうが、その時点では企業や組織の「セキュリティ対策は高まった」ことにされるのだ。万一セキュリティインシデントが発生しても、「それだけ最新のセキュリティ対策を導入したのに……」という免罪符の役割を果たしてくれる。結果として、アラートが出ても担当者が対応できないようなセキュリティ製品が導入される。そして、やはりセキュリティ対策でも現場の「運用でカバー」する状況が始まる。

 最新のセキュリティ対策製品を導入した方が堅固になると、誰もが思うことだ。しかし、製品による防御方法や効果を十分に理解し、適切な設計と設定を行った上で初めて有効な対策となる。攻撃者が来ない場所にいくら高い壁を築いても、見掛け倒しでは全く効果が無い。そして現在、不正侵入を検知、防御するIDS/IPSや、アプリケーションを可視化する次世代型ファイアウォールなどが、本来発揮するはずの機能が使われないまま日本全国に普及してしまっている。

 このように日本では、システムの運用だけでなくセキュリティ対策においても「運用でカバー」されることを前提にした、高価な最新セキュリティ製品の導入が進んでいる。しかし、それで守れるというのは妄想だ。巧妙な攻撃手法を身につけた攻撃者は、セキュリティ対策のスキルがないシステム運用者などには気づかれることなく、目的を遂行する。

 これまで日本は、システムの安定性という品質においては、「運用でカバー」という現場力によって発展してきた面がある。その実績は否定できないが、セキュリティ対策についてはそれが全くの裏目に出てしまっている。つまり、セキュリティ対策はこれまでのように「運用でカバー」ができない。これを念頭に置き、システムリプレース期の“おまけ”でセキュリティを検討するのではなく、守るべき情報は何かを考え、そのための守りやすさを追求したシステムの構築と運用を実施すべきだろう。

 今回はセキュリティ対策から見た「運用でカバー」の実態を述べた。次回は、冒頭に挙げたセキュリティのマネジメントと、それを前提とする最新のセキュリティ製品について解説したい。

武田 一城(たけだ かずしろ)
株式会社ラック
1974年生まれ。システムプラットフォーム、セキュリティ分野の業界構造や仕組みに詳しいマーケティングのスペシャリスト。次世代型ファイアウォールほか、数多くの新事業の立ち上げを経験している。web/雑誌ほかの種媒体への執筆実績も多数あり。 NPO法人日本PostgreSQLユーザ会理事。日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)のワーキンググループや情報処理推進機構(IPA)の委員会活動、各種シンポジウムや研究会、勉強会での講演なども精力的に活動している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化