ランサムウェア

WannaCryの脅威が「定着」か--約6万の亜種を検知、法人が9割以上

國谷武史 (編集部) 2017年09月11日 18時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルウェア「WannaCry」は、ワーム型ランサムウェアという新たな特徴によって、出現から短い期間のうちに世界中で感染を広げた。トレンドマイクロの観測では、WannaCryとその亜種による脅威が定着しつつあるようだ。

5月12日以降のWannaCryおよびその亜種の検出状況''
5月12日以降のWannaCryおよびその亜種の検出状況

 トレンドマイクロによると、WannaCryの騒動が発生した5月12日以降、1日あたり平均600件以上のWannaCry亜種が新たに検知されている。亜種の発生ピークは1700件以上が見つかった5月18日だったものの、8月以降も1000件以上が検出される日が相次ぐ。これまでに検出された亜種はのべ6万件以上に達し、検出台数ベースでは9割以上を法人が占めている。

 WannaCryは、Windowsに存在したSMBの脆弱性を突く手法(通称:EnternalBlue)やバックドア「DoublePulsar」を使って、ネットワーク経由で大規模に拡散した。攻撃者の間で、このワーム型の感染手法が有効だと認められたためか、同様の手法を用いるマルウェアも多数出現した。

 同社によれば、WannaCryおよびその亜種の感染手法自体に大きな変化はみられないものの、攻撃者はマルウェアを部分的に改変した亜種を次々に繰り出すことで、セキュリティシステムのシグネチャによる検出を逃れる狙いがあるという。

 WannaCryの出現によって、大量のコンピュータがネットワークに接続されている企業や組織では、ワーム型の感染手法で拡散するマルウェアへの対策が課題となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算