編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「次世代の」AI開発関連ツールなど発表

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-26 10:41

 Microsoftは米国時間9月25日、フロリダ州オーランドで開催中のITプロフェッショナル向けの技術イベント「Microsoft Ignite」で、同社の人工知能(AI)開発ツール群に新たな「Azure Machine Learning」(AML)ツールを追加したことを発表した。同社はこれらツールを「次世代のAML」と形容している。

 これらのツールには、データラングリングや各種の試行を管理するクロスプラットフォーム対応クライアントと同社が述べている「AML Workbench」ワークベンチや、「AML Experimentation」サービス、「AML Model Management」サービスが含まれている。

 同社によると、AML Workbenchは既存ツールである「Azure Machine Learning Studio」を補完するものになるという。またAML Workbenchは、「Python」や「PySpark」「Scala」で記述されたモデルをサポートするとともに、「Visual Studio Code」や「PyCharm」といった統合開発環境(IDE)との統合もサポートする。

 データラングリングという側面では、Microsoft ResearchのPROSE(PROgram Synthesis using Examples)研究チームによる成果の一部が組み込まれている。同社幹部は、新たなワークベンチにおけるデータラングリング機能の一部が、「Pendleton」という開発コード名のデータラングリングツールによって実現されることを認めている。

 同社が1年以上前から社内でテストしてきているPendletonは、データ科学者によるデータの準備やクリーニングを支援するツールだ。このツールは、不正なカラムを除去したり、カラムのフォーマットを変更したり、欠落したデータを処理するといった機能を有している。また、データセット内に含まれているデータをデータ科学者が把握する際に利用できるアナリティクスツールも搭載している。Pendletonは「Microsoft SQL Server」や、「Microsoft Azure」の「Azure Blobs」や「Azure Data Lake」からのデータを読み取ることができる。また、ローカルPC上のファイルも読み込むことができる。

 データラングリング機能のほか、同社はVisual Studio Codeと同社のAIサービスを統合するエクステンションである「Visual Studio Code Tools for AI」の提供も開始している。これにより、開発者は「Microsoft Cognitive Toolkit」(CNTK)や、Googleの「TensorFlow」のほか、「Theano」や「Keras」「Chainer」「Caffe2」といった深層学習フレームワークを用いたモデルの構築が可能になる。

Microsoftのデータラングリング

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]