VMWorld

デル氏が語るAI、PC、スマホ--DellとEMCの合体から1年 - (page 3)

末岡洋子 2017年10月03日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

--Virtustreamはどうか? VMwareをはじめとしたファミリ企業のマルチクラウド戦略をどう見る?


Rodney Rogers氏

Rogers氏 Virtustreamは目的特化型のパブリッククラウドソリューションで、I/0主導のスケールアップ型アプリケーション向けのモダンなマルチテナントアーキテクチャを持つ。土台はVMware技術で、vSphereのレイヤの上に管理オーケストレーションレイヤを載せている。

 この1年、ポジティブなプレッシャーを受けながら、開発とコラボレーションを続けてきた。マルチクラウドでは、一部競合するところもあるが、我々は市場セグメントにフォーカスしたクラウドを提供しており、汎用のパブリッククラウドとは異なる。戦略に自信を持っているし、この市場は大きくなると見ている。目指すのは、ミッションクリティカルなパブリッククラウドのリーダーで、市場アナリストらもこの分野に注目し始めている。

Dell氏 この一年、多数のメガ取引を締結したが、そのうちVirtustreamもある。素晴らしい機能とポートフォリオを持っている。

--パブリッククラウドが加速する中で、Dell Technologiesの位置付けは?

Dell氏 パブリッククラウドとプライベートクラウドは”AND”の関係で”OR(どちらか)”ではない。

 われわれはこれを実現する複数の実装モデルを提供する。将来はエッジコンピューティングに向かっており、始まったばかりだ。ここでも企業にとって重要なのはアプリとデータだ。データは簡単に動かず、国や企業を越えれられないこともある。さらにその量は増えており、これをどう活用するかが問われている。

 これからはマルチクラウドの時代だ。パブリッククラウドの役割は大きいだろうが、答えを決めるのは顧客だ。Dell Technologiesはオンプレミス環境のモダン化と自動化の技術を備える。ハイパーコンバージドのVxRailsやVxRackソリューションはプライベートクラウドとして事前構築されており、インストール後すぐに効率よくモダンなインフラを手に入れることができる。

 汎用のパブリッククラウドに全てが行くわけではない。Dell TechnologiesにはVirtustreamがあり、VMwareとPivotalにより、顧客は好きなところにインスタンスを実装できる。モダン化、自動化され、必要な機能が全てが入ったプラットフォームを得られると、顧客のほとんどがオンプレミスデータセンターやマネージドサービスを使い続ける。

 重要なことは、クラウドは目的ではなく、ITをする方法や手段ということだ。

--AIについて、議論が活発だ。(Tesla、SpaceXの)Elon Musk氏のように懐疑的な声もあれば、(Facebookの)Mark Zuckerberg氏のように楽観論もある。

 Dell氏 ElonとMarkの議論に入るつもりはないが、私は一般的に楽観的な方を好む。AIについては、人間と機械の協力により素晴らしい結果を出す”最強のコンビ”だと思う。

 世界は急速に変わっている。データの量は増えているし、コンピューティングパワーもすぐに手に入る。(AIのような)興味深いコンピュータサイエンスにより、これまでよりも高速に進化できる。同時に、顧客の多くはトランスフォーメーションのペースに圧倒されている。ついていくのに必死で、我々に助けを求めている。ロボットが人間社会を乗っ取るかではなく、(AIの活用により)競争優位を保てるか、そもそもの変化の速度についていけるかを気にしているようだ。

 AI、マシンインテリジェンスの燃料はデータ。Dell Technologiesにはデータを保存し、保護する技術がある。デバイスも作っている。とても重要な存在だ。

Gelsinger氏 AIの進展にワクワクしている。実は、(前職のIntelで)30年前に素晴らしいAIマシンを作ろうなどと話していた。当時は夢のような話に見えたが、現実のものになりつつある。

 当時との違いは、データとコンピューティングだ。アルゴリズムはそれほど大きく変わっていない。将来、エッジがパワフルになり5Gネットワークが登場すると、もっと加速する。遠い先ではなく、ほんの数年後だ。コネクテッドデバイスの数そのものも爆発的に増えている。これらセンサーやマシンが自動化され、インテリジェンスが入る。その背後にあるのがAIだ。

 機械学習を利用して自社の製品体験を改善できるのかーー。全ての企業が考えていることだ。我々の製品にも今後、もっとインテリジェンスを加えていく。私はこの業界に30年以上いるが、これまではウォーミングアップだと思っている。これからもっと面白い時代になるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]