編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
VMWorld

デル氏が語るAI、PC、スマホ--DellとEMCの合体から1年

末岡洋子

2017-10-03 07:30

 670億ドルーーIT業界最大規模となった買収金額が話題となったDellとEMCの合体が完了してから9月7日に1年を迎えた。誕生したDell Technologiesを率いるMichael Dell氏、それに7社あるDell Technologiesのファミリ企業のうちVMware、Pivotal、Virtustreamの3社がこの1年間を振り返った。

 VMwareが先日開催した「VMworld 2017」で、Dell氏、VMwareの最高経営責任者(CEO)、Pat Gelsinger氏、VirtustreamのCEO、Rodney Rogers氏、Pivotalの最高顧客責任者、Edward Hieatt氏の4人がメディアの前で、Bloombergの記者の質問に答えた。


左からPivotalのEdward Hieatt氏、Dell TechnologiesのMichael Dell氏、VMwareのPat Gelsinger氏、VirtustreamのRodney Rogers氏、ホスト役を務めたBloomberg TechnologyのEmily Chang氏

--買収完了から1年、驚きはあった?

Dell氏 大きな驚きがが何もなかったことが驚きだ。


Michael Dell氏

 売り上げのシナジーは予想よりも早く出ており、顧客に1社で全てを提供できるポートフォリオをそろえる。これは、顧客に好意的に受け入れられている。

 Dell Technologiesファミリ企業の間の技術イノベーションのレベルも高い。また、社員のエンゲージも高く、実際MPS(Motivating Potential Score:モチベーションを図る指標)も高い。デジタルトランスフォーメーション、ITトランスフォーメーション、ワークフォーストランスフォーメーション、セキュリティが世界共通の課題であり、Dell Technologiesにはユニークな能力がある。

 VMware、Pivotal、Virtustreamなどはすべて継続して順調に成長している。SecureWorksもそうだし、Dell EMCもシェアを増やしている。とても良い気持ちで1年を迎えることができた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]