調査

世界パブリッククラウドサービス市場、2017年は2600億ドル規模に--ガートナー予測

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年10月13日 10時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドコンピューティングへの支出が、予想以上に増加しているようだ。SaaSとIaaSが最も急速な成長を示している。

 Gartnerによると、世界のパブリッククラウドサービスの売上高は2017年、前年の2196億ドルから18.5%増の2600億ドルに達する見通しだという。世界IT支出額は3兆5000億ドルと予想されており、その中では小規模だ。一方、エンタープライズソフトウェア分野の支出額は3510億ドルと予想されており、これと比較すると大きな数字だと言える。

 GartnerのリサーチディレクターSid Nag氏は、特にSaaSの利用が予想を上回るペースで伸びていると述べた。SaaSは2017年も予想以上に成長しており、パブリッククラウド全体の売上高予測を押し上げているという。

Gartnerのパブリッククラウドサービス売上高予測
提供:Gartner

 SaaSの売上高は2017年、21%増の586億ドルになると予想されている。Gartnerは、SaaS導入の増加は、ソフトウェアベンダーがほぼ全ての新しいアプリケーションの機能やアドオンをサービスとして提供する方針に切り替えた結果だと分析している。また、「SaaSソリューションはより特定の目的に沿ったものとなっており、これまでのソフトウェアよりもビジネス上の優れた成果をもたらしているため、ユーザーにも訴求する」としている。

 PaaSの採用についても、これまでの予想を上回っているという。PaaSは今後アプリケーション開発の主要なプラットフォームになると大企業が確信しつつあるためだとNag氏は説明している。

 売上高の増加が最も高くなる見通しなのはIaaSだ。2017年に、前年比36.6%増の347億ドルに達するとGartnerは予想している。

 Gartnerは、クラウドコンピューティングがますます主流となり、広範なIT支出の中で増加していくとして、2018年以降成長は安定すると述べている。

 Nag氏は、「2016年時点で、インフラ、ミドルウェア、アプリケーション、ビジネスプロセスサービスの総市場売上高の約17%がクラウドにシフトしていた。2021年までに、この比率は約28%に増えるだろう」とコメントしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算