海外コメンタリー

APIは"IT産業最大の課題"を解決するか--MuleSoftのCEOに聞く - (page 3)

Colin Barker (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-11-09 06:30

--つまり、MuleSoftは教育をするような企業になっているということですか。

 ある程度まではイエスです。今回のように、私がステージに上がって、聴衆にわが社の取り組みについて話すときには、確かに啓蒙の内容が含まれています。多くの人は、「解決に取り組んでいる問題がある」と言うとき、実際には「自分はこの厄介事を何とかしようとしているだけだ」と思っているはずです。

 そこでわれわれは、痛み止めとビタミン剤の話だけをしています。今感じている痛みを解決する痛み止めはこれだが、体を強くするためのビタミン剤もあると説明します。

 痛みに関しては、顧客が解決しようとしていることなので、簡単に受け入れてもらえます。しかしビタミン剤についてはかなりの啓蒙が必要であり、まだやるべきことがたくさん残っていると十分に理解しています。

--セキュリティはやるべき必要がある最重要課題ですか?

 セキュリティは、単なるポーカーで最初にテーブルに置く掛け金のようなものです。セキュリティの基礎的な部分を決めなければ、ゲームに参加することさえできません。私がわが社のセキュリティに関する方針について話すときには、サービスのセキュリティを長期的に守るための一連の追加的な機能を、どのように提供しているかについて話すことにしています。

 顧客はシステムの安全を今すぐに確保する必要がありますが、わが社はすべてのシステムの関係を把握できるという意味で、特別な位置を占めていると考えています。このため、異常検知を行い、「こちらのこのシステムはなぜクレジットカード情報を要求しているのか」といったことを伝えることができます。

 あるシステムが単に「こちらは正しいパスワードを持っていて、ユーザーの誰かがクレジットカード情報を要求してるんだ」とだけ言っている場合に、われわれはネットワークの別の部分に「このシステムが情報を求めている」と伝える能力を持っています。その後どういう処理が行われるかは、システム次第です。このわが社の占める位置は、セキュリティの観点から見ると興味深い位置だと言えます。

--セキュリティ以外には、どのようなことを進めて行こうとしていますか。

 セキュリティ、アナリティクス、使いやすさが、われわれが改善しようとしている3つの大きな分野です。わが社のテクノロジは、技術力の高いJava開発者だけでなく、あまりコーディングの経験がない人にも使えるものになっています。誰でも簡単に使えるようになります。われわれはこの水準をさらに下げて、より多くの人がテクノロジを使えるようにしたいと考えています。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]