編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
PDF Report at ZDNet

RPAの可能性と注意点

PDF Report@ZDNet

2017-11-07 17:56

 最近になり、ロボットによる業務の自動化を指す「RPA(Robotic Process Automation)」に注目が集まっている。

 日常業務を中心に、例えば、交通費精算の確認作業などを、人手ではなくロボットで実施するといった利用方法が考えられている。

 市場規模の予測は、ロボット向けソフトウェアと限定すると、それほど大きくはないが、RPAによる社会インフラの刷新といった大局的な見方をすると、非常に大きな額になるなど、応用範囲はさまざまある。だが、まだそのとらえ方は定まっていない。

 いずれにしても、RPAがターゲットとしているのは、主に単純作業の自動化であるため、潜在的な対象範囲は多業種、多業務にわたる。「ロボットが人の仕事を奪う」といった人工知能(AI)のリスク面を実態として示す最初の事例になる可能性もある。一方で、RPAが導入されたことで生まれる業務も少なくないと言われ、今後の発展段階に注目が集まってくる。

RPAの可能性と注意点
RPAの可能性と注意点

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]