「Linux 4.14」カーネルがリリース--最新のLTS版

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年11月14日 10時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏が米国時間11月12日、最新の「Linux 4.14」カーネルをひっそりとリリースした。しかし、このリリースは大きな注目を集めるはずだ。Linux開発者らは、4.14がLinuxカーネルの次の長期サポート(LTS)版になることを過去に発表している。このことは重要である。なぜなら、LTS版Linuxカーネルのサポート期間が6年間に延長されたからだ。そのため、IoTやスマートフォン、組み込み型Linuxデバイスの開発者は、それらのOSが2023年までサポートされるという安心感の下で機器を構築することができる。

 さらに、新しいLinuxセキュリティ開発ツール群のおかげで、Linuxはかつてないほど安全になる、とTorvalds氏は考えている。同氏は、「『0-Day』ロボットの性能がさらに向上していることは指摘しておく価値があるだろう(これまでも非常に有益だったが、Fengguangがさらなる改善に取り組んでおり、複数の問題を発見したことを報告している)」と述べた。Torvalds氏がここで言及しているのは、Intelの0-Dayテストプロジェクトのことだ。

 これをさらに多くのLinuxファジングテストと組み合わせることで、Linuxはかつてないほどセキュアになった。ファジングテストでは、ランダムなコードをLinuxに入力して、エラーを引き起こそうと試みる。このテストは、潜在的なセキュリティホールの発見に効果がある。

 今回の新リリースには、アドレス空間識別子(ASID)のサポート、AMDの「EPYC」プロセッサのメモリ暗号化のサポート、Intelの5段階ページングのサポートも含まれる。これにより、最新のLinuxでは、仮想マシン(VM)向けのメモリ管理ページングのサポートが強化されている。具体的には、Microsoftの「Hyper-V」や「Xen」「KVM」といった仮想化プログラムはLinux 4.14で、これまでより効果的に動作する。

 Torvalds氏によると、1500人以上のコントリビューターが今回のリリースに貢献したという。このリリースでは、「Raspberry Pi Zero W」などの開発者ボードのサポートも強化されている。

  ヘテロジニアスなメモリ管理(HMM)もついにLinuxに搭載された。この機能は、GPUとCPUがプロセスの共有アドレススペースにアクセスすることを可能にする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算