編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Microsoft Azure」で動作するVMの40%はLinux--「もっと多いはず」との声も

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-01 10:13

 Microsoftのクラウド製品「Microsoft Azure」上で動作している仮想マシン(VM)の40%で、Linuxが稼働しているという。

 このデータは「Microsoft Developer UK」アカウントから現地時間10月31日にツイートされたものであり、#FutureDecodedというハッシュタグが記されているところから、同社が現在ロンドンで開催中の「Microsoft Future Decoded」カンファレンスで発表された情報に基づいているようだ。

 LinuxのコミュニティーマネージャーであるBrian Byrne氏(@BrianLinuxing)は、Microsoft Developer UKのこのツイートを受け、「たったの40%かい?そんなことはないだろう!もっと多いはずだ。:)」とリツイートしている。

 Azure上のVMで稼働しているLinuxの割合に関する直近の発表は2016年6月になされたものであり、その際にはAzure上のVMの3分の1近くでLinuxが稼働しているとされていた。

 Azureのローンチは2008年10月27日にまでさかのぼる。Azureは当初、純粋なPaaSとして提供されていたがその後、2012年にIaaSのサポートが追加されるとともにLinuxのサポートが追加された

 そして現在では、「CentOS」や「CoreOS」「Debian」「Oracle Linux」「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)、「SUSE Linux Enterprise」「openSUSE」「Ubuntu」といったさまざまなLinuxがサポートされるに至っている。

 またMicrosoftは30日、Azureの顧客がラボ環境内でVMを作成する際に「Kali Linux」のイメージを選択できるようにしたと発表してもいる。Kali Linuxはデジタルフォレンジクスやペネトレーションテストのために開発されたDebianベースのLinuxディストリビューションだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]