編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

マイクロソフト、「Azure Location Based Services」のパブリックプレビュー開始

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-29 11:10

 Microsoftは米国時間11月28日、IoT資産追跡などのユースケースを想定したロケーションベースのクラウドサービス「Azure Location Based Services(LBS)」のパブリックプレビューを開始したと発表した。

 Azure LBSは、TomTomのオンラインAPIを活用するものの、将来的には他のロケーションテクノロジも利用できるようになるという。また、他の「Microsoft Azure」サービスと同様の課金体系やアカウント、Azureインフラが利用できるようにもなるという。

 Microsoftの狙いは、スマートシティやIoT配備と統合できる地理空間情報をクラウド開発者らに提供するというものだ。適用対象となる業界には、製造業や自動車産業、運輸産業、スマートシティ関連、小売業が含まれている。Microsoftは2016年12月に地理空間情報をAzureに統合する計画を発表していた。

 Azure LBSは、より広範なスイートの一部として、あるいはスタンドアローン型のサービスとして利用できる。価格は従量制となる予定であり、Microsoft Azure IoT担当パートナーディレクターを務めるSam George氏は、企業のロケーションデータがプライベートなものになるとコメントしている。パブリックプレビュー段階での価格は、アカウント単位に一定量のトランザクションまでが無償となり、それを超えると1000トランザクションあたり0.5ドルが課金される2ティア形式となっている。一般提供は2018年となる予定だ。

Azure Location Based Services

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]