調査

2022年までにブロックチェーンの活用に成功する企業は10%--ガートナーが予測

Olivia Krauth (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部 2017年12月25日 12時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerが先頃発表した調査によると、2022年までにブロックチェーンを利用した大規模なデジタルトランスフォーメーションに成功する企業はわずか10%だという。また2022年までに10億人以上の人がデータをブロックチェーン上に所有するが、多くは自分のデータがブロックチェーン上にあるという事実を知らないとも予想している。

 Gartnerのレポートは、ブロックチェーン技術はあらゆるものに適用できる万能薬ではなく、エンタープライズにとっては迅速なデジタルトランスフォーメーションをもたらす手段というよりも長期的投資であると示唆している。実装を成功させるためには、企業は現在の手法を大きく変える必要があるという。

 「企業がブロックチェーン技術を完全に活用するためには、現行のビジネスモデルをクリエイティブなやり方で分解しなければならない」とGartnerは述べている。

 ブロックチェーンを導入しようとする企業の80%以上が、2020年までにその取り組みに失敗するとGartnerは予想している。企業は差別化された価値を提供できる分野においてのみ、同技術を利用すべきだという。

 Gartnerによると、ブロックチェーンへの関心は高まっており、企業の多くが同技術を利用して現行の業務をアップグレートしようとしている。しかし、ブロックチェーン以外の技術はそれが可能でも、特に従来型の大企業の場合は、スタートアップのようにブロックチェーンから多くのメリットは得られないという。

 Gartnerはこれに加えて、技術そのものが、一部の大企業のニーズ向けに実装するほど成熟していない点も指摘する。実装が成功するためには、データ管理や性能などの分野でより成熟した形のブロックチェーンが必要になる。Gartnerの予想では、技術がそれだけ充分に進化するのは2020年前半になるという。

 同レポートでは、企業でブロックチェーンの活用を図る技術担当者は、分散型共有台帳や分散型ビジネスモデルの競合など、さまざまな変数を組み込んだシナリオプランニングを行うべきだとしている。また、トライアルを通じて自社のビジネスにどのようなインパクトが及ぶのかを見ること、ブロックチェーンと仮想通貨の動向をモニタリングする担当者を配置することなども提案している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算