海外コメンタリー

ブロックチェーンへの期待と現状、2018年に見られる変化とは

Martha Bennett (Forrester Research) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-12-21 06:30

 企業は、ブロックチェーンテクノロジがもたらす真のメリットを理解し、期待との乖離(かいり)をなくす必要がある。

 明確なビジョンを持った人々はどんどん前に進み続ける一方、業界やプロセスの即時的な変革を望んでいる人々は途中で白旗を掲げる。これは、ブロックチェーンテクノロジの分野における2018年の状況について尋ねられた際、筆者が返す簡単な答えだ。

 ブロックチェーンテクノロジの動向を追いかけていると、2つの並行世界に身を置いているような感覚にとらわれる。片方の世界は、メディアやベンダーによる商業的な自己利益の追求と、イノベーションを望む純粋な思いが半々に入り混じった売り文句が声高に叫ばれる世界であり、非合理な熱狂に包まれた段階にとどまっている。もう一方の世界は、実際にブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいる業務やテクノロジのプロフェッショナルがいる世界だ。こちらの世界は合理的な評価の段階に入っており、この世界の誰もがブロックチェーンベースの(あるいはブロックチェーンに着想を得た)ネットワークの大規模かつ広範な実現は間近に迫った話ではないという点に同意している。またこちらの世界の住人は、ブロックチェーンベースのネットワークによる変革の本当の可能性が具現化するには、技術的な面から見ても、非技術的な面から見ても長い時間がかかるため、長期にわたって取り組んでいく必要があると認識してもいる。

 2つ目の世界の住人によって立ち上げられたブロックチェーンイニシアティブのすべてが完遂されると主張しているわけではない。Forrester Researchが公開したレポート「Predictions 2018: Be Ready To Face The Realities Behind The Blockchain Hype」(2018年予測:ブロックチェーンの売り文句と現実の乖離に直面する用意を)では、2018年にはプロジェクトに対して大なたが振るわれるだろうと予測している。ブロックチェーンイニシアティブは標準的なビジネス利益モデルに鑑みて評価されるケースが増え、そういったモデルが要求される場合にはプロジェクトの立ち上げが承認されなかったり、既に開始されているプロジェクトであっても中止の憂き目に遭うという状況が発生するだろう。なお、継続されるプロジェクトは次の3つのカテゴリに分類できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]