編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、CPUの脆弱性問題で緩和策を緊急公開

ZDNet Japan Staff

2018-01-04 18:31

 Intelなどの多数のCPUに影響する脆弱性「Meltdown」と「Spectre」が報告された問題で米Microsoftは1月3日、脆弱性の影響を緩和するセキュリティ更新プログラムを緊急リリースした。

 Microsoft Edge チーム プリンシパル PM リードのJohn Hazen氏は、同日付のブログで、ブラウザで実行されるJavaScriptコードを用いて脆弱性を悪用することが可能だと説明。今回の緩和策ではEdgeブラウザとInternet Explorer 11の動作に関して2つの変更を加え、攻撃者が脆弱性を利用してコンピュータのメモリからデータを盗み取ることを困難にする措置を講じたとしている。

 同社は引き続き脆弱性の影響を評価し、必要に応じて今後のサービスリリースで追加の緩和策を導入するという。

 今回のセキュリティ更新プログラムは、一部のウイルス対策ソフトとの間に互換性の問題があり、適用することでブルースクリーン状態に陥る恐れがある。このため、Windows Update経由での提供は、問題のないウイルス対策ソフトを導入しているOS環境に限定している。事前に検証可能な場合は、Microsoft Update カタログからOS環境に応じたアップデートを入手する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]