編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
調査

マイクロサービスはアジリティの向上に効果的--レッドハット調査

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-16 12:00

 既存の、そしておそらく一枚岩的なアプリケーションをマイクロサービスとしてリファクタリングしようと試みることは、その労力に見合うだけの価値があるのだろうか。それとも、緩く連結したマイクロサービスから構築される、新しくて、より柔軟かつ俊敏なアプリケーションにその時間と労力を費やした方がいいのだろうか。


提供:Joe McKendrick

 最近発表された調査結果によると、企業のITチームはそれらを両立させているようだ。Red Hatが「Red Hat JBoss Middleware」と「Red Hat OpenShift」顧客ベースを対象に実施した調査では、69%が新しいアプリケーションと既存のアプリケーションのリファクタリングの両方にマイクロサービスを使用していると答えた。同調査報告書を執筆したCesar Saavedra氏は、「このデータから分かるのは、マイクロサービスがIT変革の全過程を通してユーザーに価値を提供することだ。企業の狙いが、現行のアプリケーションポートフォリオをアップデートすることであれ、新たなイニシアチブを加速させることであれ、それは同じである」と述べた。

 かなり多くのITマネージャーにとって、マイクロサービスを使うことの利点は、比較的迅速に実現されている。回答者の3分の1以上(33%)は、実装から2カ月〜6カ月以内にそれらの利点が現実になり始めたと述べた。これらの利点は、継続的インテグレーションと継続的デリバリ(CI/CD)という形で、より大規模なアジャイルとDevOpsのビジョンを実現することで完成された。スケーラビリティの改善、市場投入時間の短縮、開発者生産性の向上、デバッグとメンテナンスの迅速化も、アプリケーションをバイトサイズのマイクロサービスに分割することで得られる利点とみなされている。

 マイクロサービス(ひいてはコンテナも)は、企業の回復力向上に対するアプローチの見直しにおいて、非常に大きな役割を果たしている。なぜなら、インターネット自体、そして今ではブロックチェーンも、混乱を避けるために、高度に分散化された方法で設計されているからだ。Redpoint VenturesのベンチャーキャピタリストであるAstasia Myers氏は、「サービスメッシュ」の展開において、マイクロサービスが役割を果たしていると考える

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]