編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBMとセールスフォース、AI分野で提携を拡大--企業と顧客のやり取り向上へ

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-22 10:13

 IBMとSalesforceは米国時間1月19日、人工知能(AI)分野での戦略的提携の拡大を発表した。これによりデータ統合をさらに進め、ユーザー企業と顧客の間のやり取りを向上させる。


 IBMは今回の提携拡大により、共同作業を目的としたSalesforceのドキュメントプラットフォーム「Quip」上で動作するアプリ「IBM Watson​ Quip Live Apps」を開発し、同プラットフォーム上で人工知能(AI)ツールを提供していくことになる。

 Salesforceは2017年11月に、Quipドキュメントに直接埋め込み可能なカスタムアプリ群であるLive Appsを発表していた。IBMはQuipドキュメント内でWatsonプラットフォームを活用し、「機会のライフサイクル全体にわたって営業チームの効率を向上させる」という。

 またWatsonと、Salesforceの「Service Cloud Einstein」が連携し、AIによるレコメンデーションを提供することで、ユーザー企業は顧客からの直近の電話やメッセージに基づいてパーソナライズしたやり取りを実現できるようにする。

 さらに今回Salesforceは、IBMを推奨クラウドサービスプロバイダーに指定した。またIBMも、セールス分野とサービス分野における推奨顧客エンゲージメントプラットフォームとして「Salesforce」を指定した。

 今回の提携拡大は、AIの活用によってユーザー企業がよりスマートな意思決定をより迅速に下せるようにすることを目的とした2017年3月の最初の提携に続くものだ。3月の提携は、Watsonからの新たな洞察を「Salesforce Intelligent Customer Success Platform」にもたらし、WatsonのさまざまなデータとSalesforce Einsteinが生成する顧客データからの洞察を組み合わせることを可能にするというもの。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]