編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
企業決算

マイクロソフトの第2四半期、「Azure」など好調--税制改革の費用計上も

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-01 11:12

 Microsoftの2018会計年度第2四半期決算(10~12月期)は、税制改正に関連する費用計上による影響を除けば、好調だった。売上高は前年同期比12%増の289億ドル、非GAAPベースの利益は75億ドル(1株当たり96セント)だった。税制改正に伴って138億ドルを計上し、1株当たり82セントの純損失を計上した。

 アナリストらは、売上高を284億ドル、1株当たり利益を86セントと予想していた。

 決算発表前、アナリストらは同社の第2四半期決算について、「Office 365」と「Microsoft Azure」がけん引することや、「Xbox One X」発売による影響について予想していた。税制改正をめぐる予測不能な要因もあった。Microsoftは国外に1320億ドルの現金を留保していたためだ。

 Microsoftは数四半期ぶりに、声明でコマーシャルクラウドの年間売上高ランレートに言及しなかった。最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は、ハイブリッドクラウドの業績やIoT、ビッグデータ、人工知能(AI)への投資が成果を生んだと述べた。

 コマーシャルクラウドの売上高は、前年同期比56%増の53億ドルだった。前期比成長率は縮小しているようだ。現在、コマーシャルクラウドの年間売上高ランレートは210億ドルである。

 部門別では、プロダクティビティ&ビジネスプロセス事業部の売上高は前年同期比25%増の90億ドルだった。Office 365のコマーシャルライセンスが41%の成長を記録した。「Dynamics」の売上高は10%増加した。LinkedInの売上高は13億ドルだった。

 インテリジェントクラウド部門の売上高は前年同期比15%増の78億ドルだった。Azureの売上高は98%増加した。

 「Windows OEM」の売上高は4%増となった。「モアパーソナルコンピューティング」部門の売上高は122億ドルだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]