編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

オープンIoT基盤「LANDLOG」がAzureを採用--ランドログ

NO BUDGET

2018-02-25 07:30

 ランドログと日本マイクロソフトは2月20日、ランドログの提供する建設現場におけるオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」に、Microsoft Azureを採用したと発表した。Azureの導入により、建設生産プロセスに関するさまざまなデータを集積し、現場の効率化に活用できる形式で一元管理、提供を図るとしている。また、2018年前半に計画している「LANDLOG」の海外展開においても、Azureのグローバルサービスの活用を予定する。

 LANDLOGは、データの活用による建設現場の生産性向上や、3次元化された図面データやIoT対応建機などから送られたデータを可視化するIoTプラットフォーム。さまざまな場所から収集された形式が異なる膨大なデータを、Azure上のグローバル分散データベースサービス「Cosmos DB」で一元的に管理し、蓄積したデータは世界中のどこからでも利用できる。Azureをベースとすることで、各事業者はオープンソースやLinuxなど、開発プラットフォームを気にすることなく、LANDLOG上に自社のサービスを構築し、提供することが可能だ。

 LANDLOGは今後、マイクロソフトのAIプラットフォームサービス「Cognitive Services」を活用した建設現場の画像解析機能の提供を予定している。また、機械学習やAIをさらに活用した高付加価値機能の提供も検討する。

 ランドログと日本マイクロソフトは、「LANDLOG」上で提供される機能を、クラウドサービスとして提供する。これにより、企業は規模や業種にかかわらず、特別なシステムを構築することなく、建設現場に関する豊富なデータとAIを活用したサービスを月額料金のみで利用することが可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]