編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

MSのボット開発フレームワーク、次期版でPythonとJavaサポート?

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-23 11:56

 Microsoftは2016年に開催した開発者向けイベント「Build 2016」で、ボット開発ツールや「会話プラットフォーム」について大きく取り上げていた。その後大型の発表はなされていなかったが、Microsoftは、同社のボット開発用ツールやメッセージング機能を数カ月中に拡張する準備を整えているようだ。

 Mandoのテクニカルストラテジストであり、AI分野におけるMicrosoft MVP(Most Valuable Professional)の受賞者でもあるGary Pretty氏が述べているように、Microsoftは「Bot Builder SDK」のバージョン4の開発に力を入れており、オープンソース化している。この新バージョンでは、既存のC#や.NET、JavaScriptといったオプションに加えてPythonとJavaのサポートも追加しようとしているという。(Pretty氏によると、現在GitHubで、PythonとJava向けのページはまだ公開されていない)。

 Microsoftのボット開発の中核には「Microsoft Bot Framework」がある。このフレームワークは、「Bot Builder SDK」や、ボットの登録や接続、発行、管理を行う「Bot Connector」などで構成されている。

 Microsoft Bot Frameworkを用いることで開発者は、テキスト/SMSや「Office 365」のメール、「Microsoft Teams」「Skype」「Slack」「GroupMe」「Telegram」、ウェブなどのプラットフォーム上で動作するボットを構築できる。サーバレスコンピュートサービス「Azure Functions」をベースにした「Azure Bot Service」というサービスもある。

 また、Microsoft Bot Framework SDKを使ってAmazonの「Alexa」や、Googleの「Googleアシスタント」に接続できるようにするためのブリッジ開発プロジェクトが複数、GitHub上で進行しており、Pretty氏もこういったプロジェクトに貢献している。

MicrosoftのAIプラットフォーム
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]