編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カナダの最新スパコン「Niagara」--レノボ製コンピュートノードを採用

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-06 12:08

 カナダで最高クラスの性能を誇る研究用スーパーコンピュータ「Niagara」が同国の研究者らに開放された。NiagaraにはLenovoの超高密度高性能コンピュートノード「ThinkSystem SD530」が1500基搭載されている。

 2017年秋に発表されたThinkSystem SD530は高性能コンピュータ上での機械学習(ML)を効率化することを視野に設計された製品だ。Lenovoは同年に「ThinkSystem」と「ThinkAgile」という2つのブランドを立ち上げ、データセンター向けポートフォリオを大幅に拡充している。

 NiagaraはThinkSystem SD530コンピュートノードを採用することで、3ペタFLOPS超の処理能力を実現している。同システムは、Lenovoの高パフォーマンスストレージ「DSS-G」も採用しており、その容量は12ペタバイトを超えている。

 Niagaraは、SciNetとトロント大学、Compute Ontario、Compute Canadaとの協力の成果だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]