編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、米政府向け「Microsoft 365」発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-07 11:50

 Microsoftは米国時間3月5日、ワシントンD.C.で開催された「Government Tech Summit」で「Microsoft 365 for US Government Cloud」について発表した。

 Microsoft 365 for US Government Cloudは「Windows 10」「Office 365」「Enterprise Mobility + Security」(EMS)をバンドルした米政府顧客向けの製品で、「Microsoft 365」ファミリに新たに加わる。Microsoft 365には、SMB、エンタープライズ、教育、顧客サービスなどに向けたバンドルが用意されている。

 Microsoftは政府向けに3種類のクラウド環境を提供している。全てのデータは米国内で、そして独立した物理インフラで、隔離して保存されている。「Government Community Cloud(GCC)」は州、地方、連邦レベルの民間政府機関向け、「GCC High」は高度に機密な状況で航空、防衛業者などと取引を行う政府顧客向け、「DoD」は米国防総省などの機関向けとなる。

 またMicrosoftは5日、「Azure Stack」ハイブリッドクラウド製品を米政府ユーザー向けに「近いうち」に提供することも明らかにした

 Microsoftはすでに「Microsoft Azure Government」を米政府顧客やパートナー向けに提供している。Azure StackがAzure Governmentクラウドに統合され、アイデンティティ、サブスクリプションやバックアップ/災害復旧(DR)、「Azure Marketplace」などで連携する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]