自動化が進むサイバー攻撃とAIを使った防御側の対応--フォーティネットが説明

國谷武史 (編集部) 2018年03月15日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーティネットジャパンは3月14日、サイバー攻撃の動向とセキュリティ対策における人工知能(AI)技術の活用に関する説明会を開催した。攻撃の自動化に対するAIを利用した防御側の取り組みも進んでいる。

 サイバー攻撃では、いかに効率良く目的を達成するかに攻撃者の関心があるとされ、アンダーグラウンドでは攻撃者の分業化が進み、手軽に使えるツールやサービスも増えていると言われる。米Fortinet CISOオフィスでグローバルセキュリティストラテジストを務めるDerek Manky氏は、そうした動向の1つとして「AutoSploit」と呼ばれる手段を紹介した。

 AutoSploitは、主に攻撃者が効率良く脆弱なIoTシステムを見つけ出し、脆弱なシステムに対して攻撃を実行するまでの作業の多くを自動化する。具体的には、インターネットに公開されているシステムの情報を検索できる「Shodan」サービスと、オープンソースのセキュリティ調査フレームワークの「Metasploit Framework」を組み合わせる。ShodanやMetasploit Frameworkは、本来は正規のサービスやフレームワークとして利用されているが、攻撃者はこれらを悪用することで、多くのシステムに対して短時間に効率良く攻撃を実行できるようになったという。

 Fortinetの調査でも、AutoSploitで標的になりやすい脆弱なシステムが多数見つかった。例えば、遠隔制御に関するRDPでは57%、Apache Struts関連では62%、Microsoft Internet Information Services(IIS)では70%といった状況にある。


「AutoSploit」によって攻撃者はターゲットのシステムを手軽に見つけて攻撃できるという

 Manky氏は、「直近3四半期を見ても当社が検知した1分間当たり攻撃件数は、120万件から220万件、さらに440万件へと急激に増加している。サイバー攻撃の自動化はセキュリティ対策上の大きな課題だ」と話す。

 攻撃側の動きに対して同社では、UTM(統合脅威管理)など各種のセキュリティ製品が協調動作する「Hive Defense Model」を導入したほか、セキュリティ各社と共同で「Cyber Threat Alliance」を創設。業界や製品を横断する形で最新の脅威情報を利用した防御体制の構築を進めてきたという。Manky氏によれば、AIの活用はこうした仕組みに生かした防御能力の向上にある。

 同社では、「FortiGuard AI」と呼ぶ自己進化型の脅威検知システムを5年に渡って開発し、同システムが自動的に生成するシグネチャの品質がセキュリティ技術者による手作業と同程度の水準に達したことから、このほど本格導入に踏み切った。


「FortiGuard AI」の概要

 このシステムでは、機械学習と深層学習の技術を組み合わせ、セキュリティ技術者のノウハウを学習モデルに採用している。本格導入により、従来は1日当たり100件ほどだったシグネチャの生成が、現在では1000件以上を可能とする能力に向上し、1つのシグネチャで5万種以上のマルウェア検出も可能なった。

 Manky氏は、「AIの活用は脅威対策における時間の短縮や処理能力の拡張、サービス品質の向上のあらゆる面で大きな成果をもたらす。防御力が高まりは結果的に攻撃側の負担を増やすことになり、脅威の抑止につながる」と説明する。

 併せて同社は、FortiGuard AIの分析による脅威情報をユーザーに提供する「FortiGuard Threat Intelligence Service」も開始した。同サービスでは、全体的な脅威情報や業界別動向の情報、AIによるリアルタイムの脅威分析結果などの情報を無償提供(企業ごとの詳細分析などの一部メニューは有償予定)する。フォーティネットジャパン セキュリティストラテジストの寺下健一氏によれば、AIの本格導入で脅威対策の強化が図られるという。同サービスの国内での提供は、4~6月期中を予定している。


ユーザー企業向けの脅威情報提供サービスのサンプル。AIが解析した通信業界動向では仮想通貨を不正に発掘するコードの検出がトップになっている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]