編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

セキュリティはクラウドよりもオンプレミスが優る、大企業ITリーダーの62%回答--Barracuda

Alison DeNisco Rayome (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2018-04-23 08:00

 実質的にあらゆる企業がワークロードをクラウドに移行させようとしている一方、多くは依然としてクラウドのセキュリティに懸念を抱いているという。Barracuda Networksの依頼を受けてDimensional Researchが実施した調査で明らかにされた。

 IT分野のセキュリティに携わる意思決定者608人を対象に実施されたこの調査では、およそ56%がクラウド環境よりも自社のオンプレミス環境の方がセキュリティ面で優れていると回答している。また、5000人を超える従業員を抱える大企業ではこの割合はさらに高く、62%となっている。また、大企業では22%のITリーダーがこれら2つの環境の間でセキュリティの強度に差はないと回答している一方、16%はクラウドの方がセキュリティ面で優れていると回答している。

 Gemaltoの依頼を受けてPonemon Instituteが実施した調査では、多くの企業がクラウドのセキュリティに不安を感じている事実が浮き彫りにされている。クラウド上に支払い情報を格納することがリスクにつながると回答した国際的企業は54%にのぼっており、顧客データの格納がリスクにつながるという回答も49%に達している。

 実際のところ、Hexa Researchの予測によると、世界のクラウドセキュリティ市場の規模は2016年に14億1000万ドル(約1510億円)だったが、2024年までに126億4000万ドル(約1兆3500億円)にまで増加するという。同社はこうした成長の背景に、データストレージを目的とするクラウドサービス利用の増加や、洗練されたサイバー攻撃の増加があるとしている。

 クラウドのセキュリティ確保は、大多数の回答者が共同責任だと考えている。Dimensional Researchのレポートによると、ITプロフェッショナルの76%はクラウドのセキュリティがクラウドベンダーと自社の共同責任だと回答している。また12%は自社のみが責任を負うべきだとしており、残りの12%はクラウドベンダーのみが責任を負うべきだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]