編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

セキュリティはクラウドよりもオンプレミスが優る、大企業ITリーダーの62%回答--Barracuda - (page 2)

Alison DeNisco Rayome (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2018-04-23 08:00

 次世代ファイアウォール(NGF)に関しては、ITプロフェッショナルの66%がオンプレミス環境でそうしたソリューションを現在導入していると回答している一方、34%はクラウド上で導入していると回答している。ただ、クラウド上で次世代ファイアウォールを導入していないとしたITプロフェッショナルの半数は、将来的にそうする計画だと述べている。

 また、あらゆる企業はその規模の大小にかかわらず、自社の開発プロセスを改善し、迅速化するという目標の下、DevOpsに向かっている。同レポートによると、回答者の56%は自社がDevOpsやDevSecOps、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)開発手法を採用していると答えている。この割合は大企業では71%にも上っている。

 DevOpsのワークフローを実装する際にITリーダーが直面する課題については、既存のセキュリティソリューションを開発環境に統合する手段が提供されていないため、コードのビルドプロセスに組み込めていないという回答が最も多くなっている(63%)。

クラウドセキュリティ
提供:iStockphoto/Jirsak

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]