編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「日本は重要市場」--ホートンワークスCEOのビアデン氏

藤本和彦 (編集部)

2018-04-18 07:00

 ホートンワークスジャパンは4月16日、米Hortonworksの最高経営責任者(CEO)であるRob Bearden氏の初来日に合わせて事業説明会を開催した。最新の製品動向や日本市場での事業展開について説明した。

 同月3日にも事業戦略に関する記者会見を開いており、2018年は国内における知名度の向上を喫緊の課題と強調していた。Bearden氏の来日はその一環となる。

Rob Bearden氏
米Hortonworks 最高経営責任者(CEO) Rob Bearden氏

 企業におけるデータ管理の現状について、Bearden氏は、「過去20年以上にわたって、統合基幹業務システム(ERP)をはじめとする各種業務アプリケーションでデータのサイロ化が問題になってきた。そのような状況では事業全体を見渡すことが難しく、サイロからデータを取り出して集約する必要がある」と説明した。

 そうした課題を解決するため、Hortonworksではオープンソースソフトウェア(OSS)を中核としたデータ管理基盤を提供している。Bearden氏は具体的な製品として、「Apache Hadoop」「Apache Spark」をベースに開発され、蓄積されたデータ(Data at Rest)を処理する「Hortonworks Data Platform(HDP)」、「Apache NiFi」「Apache Storm」「Apache Kafka」をベースに開発され、流れているデータ(Data in Motion)を処理する「Hortonworks DataFlow(HDF)」を挙げた。

 これに加えて、最新の取り組みとして、オンプレミスやクラウドに散在するデータを横断的に管理する「DataPlane Service(DSP)」がある。中央のセキュリティ、ガバナンスに準拠した、データ資産のライフサイクルを管理するための主要機能を提供する。

 Bearden氏は「HDPとHDF、DSPを組み合わせることで、あらゆるデータ形式に対応した、近代的でモダンなアーキテクチャを構築できる」とアピールする。

 日本市場での事業展開については、成功に欠かせない存在として「パートナー」と「コミュニティー」を挙げた。パートナー体制の確立やコミュニティーへの貢献を進めるとともに、顧客に対してワールドクラスのサポートを提供していくと強調した。「日本を重要市場と位置付け、今後も投資に力を入れていく」(Bearden氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]