編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
Microsoft Build

MS、FPGAでAIを高速化する「Brainwave」のプレビューを提供へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-08 12:59


 Microsoftは、Field Programmable Gate Array(FPGA)技術を利用して「Azure」で高速の人工知能(AI)処理を実現する「Project Brainwave」に取り組んでいるが、いくつかの方法でプレビューの利用が可能になった。

 Microsoftの幹部は、開発者向け年次カンファレンス「Build 2018」の初日となる米国時間5月7日に、クラウドでProject Brainwaveを活用した「Azure Machine Learning Hardware Accelerated Models」のプレビューを提供すると発表した。これはAIのワークロード処理向けに、MicrosoftのFPGAを社外の顧客に提供する第1歩となる。同社幹部はこうした取り組みを行うことを、2017年に明らかにしていた

 またMicrosoft幹部は7日、Project Brainwaveのプレビューを「エッジで」限定的に提供すると述べた。この場合のエッジデバイスとは、「Azure IoT Edge」デバイスとして機能できるオンプレミスのサーバとなる。この限定プレビューに参加する最初のパートナーは、DellとHewlett Packard Enterpriseである。

 AzureユーザーはBrainwaveによって、複雑な深層学習モデルを高性能に実行できるようになる。同社は、コンピュータビジョン、自然言語処理や音声など、クラウドに導入可能なAIベースのサービスを徐々に拡充したい考えだ。

 同社はここ数年、IntelのFPGAを利用して「Bing」やAzureの性能と効率を向上させている。FPGAは製造後に、構成をカスタマイズできるチップである。

 Microsoftの研究者らは、10年以上にわたってFPGA分野に取り組んでいる。自社データセンターのすべてのAzureサーバにFPGAを搭載しているほか、同社の「Project Catapult」の一環として、Bingのインデックスサーバが利用するマシンの一部でもFPGAを実装した。さらに「Windows」と「Linux」向けに提供している「Azure Accelerated Networking」サービスでも、FPGAを活用している。

 クラウドデータセンターにおけるFPGA利用を検討している企業はMicrosoftだけではない。AmazonとGoogleの両社はAIタスクの処理にカスタムチップを利用している。

 Amazonはすでに、XilinxのFPGAプログラミング用に「FPGA EC2 F1」インスタンスを提供しており、FPGAのハードウェア開発キットを用意している。Googleは、機械学習ソフトウェアライブラリ「TensorFlow」で深層学習モデルのトレーニングを行っており、基盤となる「Tensor Processing Unit」チップも開発した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]