編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Box Zones」、マルチゾーン機能を提供--GDPR対応を支援

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-25 13:26

 Boxは英国のロンドンで開催した「Box World Tour Europe 2018」で現地時間5月24日、「Box Zones」に対するマルチゾーンサポートの導入を発表した。これにより企業は、セキュリティおよびコンプライアンスへの対応を強化できるようになる。

 同社はこの新サービスによって「顧客は、Boxが有している7つの既存ゾーンのいずれからもシームレスにコラボレーションできるようなかたちで、データ格納が可能になる。こういったことすべては単一のBoxインスタンスから可能だ」と述べた。

 Boxによると、IT管理者は組織全体に対するデフォルトゾーンとともに、個々のユーザーに対するストレージゾーンを割り当てられるようになるという。

 その結果、企業はデータの管理や保管方法に対する可視性と管理の手段を手にするとともに、監査要求に対するより高い透明性を実現できるようになる。

 また、マルチゾーンサポート機能によって、組織はデータレジデンシのさらなる制御が可能になり、その結果として、25日施行の欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)にともなって発生するデータストレージ関連のコンプライアンス問題に取り組めるようになる。

 新サービスは24日より利用可能になっている。

Box
提供:Box

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]