サムスンSDS「Nexfinance」発表--ブロックチェーン活用の金融プラットフォーム

Cho Mu-hyun (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-05 12:43

 サムスン電子傘下でITソリューションを手がけるサムスンSDSは、ブロックチェーンをベースにした金融プラットフォーム「Nexfinance」を発表した。

 このプラットフォームは、デジタルアイデンティティや金融コンシェルジュ、人工知能(AI)搭載バーチャルアシスタント、保険金の自動支払いといったサービスを提供する。

 同社によると、このプラットフォームは金融機関や金融関連企業におけるデジタル変革をセキュアにする上で活用できるという。

 Nexfinanceのデジタルアイデンティティサービスはブロックチェーンに基づいており、顧客情報の保護に役立つ。一方、金融コンシェルジュはAIとビッグデータアナリティクスによりクライアントの資産管理を支援するという。

 また同社によると、AIアシスタントと保険金の自動支払いは、顧客との関係強化に役立つという。

 サムスンSDSの最高経営責任者(CEO)Hong Won-pyo氏は韓国のソウルで実施したプレス向けイベントにおいて、「生体認証やAI、ブロックチェーンといった新テクノロジは、金融業界における根本的なイノベーションを促そうとしている」と述べた。

 同氏はさらに「われわれは保険業界に向けたNexfinanceの設計を完了しており、引き続きデジタル金融業界の革新に向けて取り組んでいく」と付け加えた。

 Nexfinanceはオープンなプラットフォームでもあり、クライアントはサードパーティーのソリューションを適用できるという。

 サムスンSDSは2017年、セキュアなデジタルトランザクションを目的とする、同社初のブロックチェーンベースの金融サービス「Nexledger」をローンチしている。

 また同社は2017年11月に、ソウル市から行政目的のブロックチェーンプラットフォームを開発する契約を勝ち取っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]