編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

AWS、Kubernetesのマネージドサービス「Amazon EKS」を一般提供開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-08 10:23

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間6月5日、「Kubernetes」をAWS上で簡単に実行できるようにするマネージドサービス「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)の一般提供を米国東部(バージニア北部)と米国西部(オレゴン)で開始したと発表した。

 同社はこのサービスを2017年に「re:Invent」カンファレンスで発表していた。今回の一般提供開始により、同サービスはKubernetesのフルマネージドサービスという点で「Google Cloud Platform」と「Microsoft Azure」と肩を並べることになる。

 Amazon EKSが提供されるまで顧客は、Kubernetesの管理インフラを複数のアベイラビリティゾーン(AZ)をまたがってプロビジョニングしたり、不安定なインフラを置き換えたり、サービスの停止時間について頭を悩ませたりする必要があった。

 それでも、Amazonがブログで紹介したCloud Native Computing Foundationの調査では、KubernetesをAWSで稼働していると回答したユーザーは他のどのクラウドプラットフォームよりも多く、57%に達していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]