生産性向上に効くビジネスITツール最前線

“Excel方眼紙”は悪じゃない--既存業務をそのままシステム化できる「Forguncy」

柳谷智宣 2018年06月12日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、ビジネスで利用するITサービスの最新動向について、最前線を走る企業への取材を軸に紹介する。複数回で同じテーマを追いかけて、今後注目すべきテクノロジやサービスを取り上げる予定だ。今回は「ローコード/ノーコードプラットフォーム」をテーマにした第4回で、「Forguncy(フォーガンシー)」を提供するグレープシティに話を聞いた。

ForguncyはExcel方眼紙をもじったローコード/ノーコードプラットフォーム
ForguncyはExcel方眼紙をもじったローコード/ノーコードプラットフォーム

Excel方眼紙の見栄えをそのままにデメリットを解消

 Forguncyは“Excel感覚”のウェブアプリ作成ツールと打ち出している。ローコード/ノーコードプラットフォームはExcel業務からの移行という側面がある。Forguncyと言う名前も、Excel方眼紙から付けられている。同製品を企画段階から担当するのが、グレープシティ Enterprise Solutions事業部第1製品グループプロダクトマネージャーの八巻雄哉氏である。

 グレープシティは1980年に創立された老舗企業で、学校法人向けソフトウェアの開発からスタートし、現在では英語教育システムや映像プランニング、開発支援ツールの事業を手掛けている。25年ほど前からは「SPREAD」というExcelライクなグリッドコンポーネントを提供。Excelによく似た画面とその操作性をソフトウェア部品(コンポーネント)として、さまざまな業務アプリに組み込めるのが特徴だ。

 「売り上げは今でもコンポーネント事業がメインですが成熟期に入っています。そろそろ次の柱を立てたいということで、新規ビジネスの話になりました。2012年にR&Dチームが立ち上がり、途中で私が参加しました」(八巻氏)

グレープシティのウェブサイト。8カ国で4つの事業を展開するグローバル企業だ
グレープシティのウェブサイト。8カ国で4つの事業を展開するグローバル企業だ
Enterprise Solutions事業部第1製品グループプロダクトマネージャー 八巻雄哉氏
Enterprise Solutions事業部第1製品グループプロダクトマネージャー 八巻雄哉氏

 八巻氏は、以前から技術の進歩とともに、取り残されてしまった人たちがいると考えていたという。例えば、「Visual Basic(VB)」から「Visual Basic.NET(VB.NET)」への移行の中で、アプリケーション開発はスタンドアロン型からクライアント/サーバ型へと移り変わった。通信ネットワークや情報セキュリティなどの技術要素が分かっていないとシステムを作れない時代になった。ソフトウェア開発の専門家ではないが、VBを使って社内向けアプリを構築してきたという情報システム担当者は少なくないはず。そうした層が使えるツールが不足していると考えたのだ。

 「このような流れの中、高度なことはできないけれど、簡単にアプリを開発できるソフトウェアが必要なのではないかと思い、Forguncy(当時のコードネームはExcel Studio)の企画がスタートしました」(八巻氏)

 コードネーム「Excel Studio」は、マイクロソフトの開発環境である「Visual Studio」をもじったもの。その当時からニーズが高かったSPREADのノウハウを生かし、ソフトウェア開発者でなくても本格的なシステムを構築できる製品としてプロジェクトが進んだ。2013年にはプロトタイプが出来上がり、「これは行けそうだ」という感触を得た。

 八巻氏は「20年以上にわたる技術や知見の蓄積は弊社の大きな優位性で、Excelライクなローコード/ノンコードツールというのは必然的なものでした」と胸を張った。

SPREADはExcelのようなデータグリッドを簡単に組み込める
SPREADはExcelのようなデータグリッドを簡単に組み込める

 Forguncyという製品名は「Excel方眼紙」をもじっている。Excel方眼紙とは、Excelのシートを方眼紙に見立て、セルを自由自在に組み合わせて、紙の帳票のようなレイアウトを実現すること。見た目は良くなるが、もはやデータベースとしては機能せず、入力も管理もしにくくなると非難にさらされている。今でも、大企業や官公庁、大学などで深く根付いており、時々話題になることもある。しかし、意外にも八巻氏は「Excel方眼紙は悪い文化だから絶対にやめよう、とは思っていません」と言う。

 そもそも、Excel方眼紙がなくならないのはニーズがある証拠。日本の商習慣として、紙でやっていたものをシステムにする際、ただでさえシステム化への抵抗感があるのだから、せめて見た目は変えたくないという流れだ。今まで紙で使ったレイアウトをできるだけ再現したいが、そんなデジタルツールはない。そこで、Excelなら簡単に罫線を引いてカスタマイズができるということで広まったのだ。

 「実は、マイクロソフトもかつて日本からの要望を受けて、Excelの罫線機能を強化したというエピソードがあるくらいです。皆さん、Excelで紙の帳票を再現したかったんです」(八巻氏)

 日本人は変化を嫌う傾向がある。システムを抜本的に変えれば大幅に効率化できるはずなのに、必ずと言っていいほど「抵抗勢力」が現れる。ユーザーに受け入れられなければ、システムが無駄になってしまう。無理やり相手を説得しようとしても難しい。そこで八巻氏は、そういった人たちに使ってもらいつつ、Excel方眼紙の負の部分をできるだけなくせないかと考えた。

 Excelは見た目とデータが不可分で、「見た目=データ」になっている。そのため、帳票のように作ると、データ構造として意味をなさなくなってしまう。セル結合などを繰り返すと、再利用性さえなくなっていく。そこで、Forguncyは見た目を自由にカスタマイズできるが、データはデータベースで一元管理するようにした。これで、“帳票を再現したい”“データを活用したい”という2つのニーズを満たし、システムの導入や活用に対する抵抗感を緩和できるというわけだ。

Excel方眼紙の例。それぞれの項目に入力された文字はデータベースとして扱えない
Excel方眼紙の例。それぞれの項目に入力された文字はデータベースとして扱えない

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]