編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Windows 10」最新プレビュー17692、「SwiftKey」対応などを追加

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-06-15 10:28

提供:ZDNet.com
提供:ZDNet.com

 Microsoftは米国時間6月14日、Fast RingとSkip Aheadのテスター向けに、「Windows 10 Redstone 5」(RS5)の最新プレビュービルドを公開した。この「Build 17692」には複数の新機能が盛り込まれている。

 Microsoftは今回のプレビュービルドで、タッチキーボードを使用しているユーザーのために、Windowsで「SwiftKey」キーボードをサポートする。Microsoftは2016年にSwiftKeyを買収した。Redstone 5では、まず英語(米国)、英語(英国)、フランス語(フランス)、ドイツ語(ドイツ)、イタリア語(イタリア)、スペイン語(スペイン)、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語に対応する。

 今回のプレビュービルドには、システム全体とアプリ(「Win32」アプリと「UWP」アプリ)の文字サイズを、スライダーを使って調整できる「Make everything bigger」という新しい設定機能も搭載される。

 「ゲームバー」の新機能もいくつかある。「Windows Mixed Reality」も改善され、ヘッドセットとPCのスピーカの両方に同時に音声を流せるようになる。

 検索機能もアップデートされ、インストールしたいWindows版ソフトウェアの公式ダウンロードページを見つけやすくなった。

 Microsoftはまた、今後数週間のうちにリリース予定の次のプレビュービルドで、「Edge」ブラウザでサイトによるメディアの自動再生を有効にするか無効にするかを選択できる機能を追加することも明らかにした。

 修正点と既知の問題の完全なリストは、Microsoftの公式ブログに掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]