編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
HPE Discover

HPE、エッジコンピューティング分野に注力--約4400億円を投資へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-06-20 18:03

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、今後4年間でインテリジェントエッジ分野の開発に40億ドル(約4400億円)を投資すると発表した。

 エッジコンピューティングは、まだ成熟した市場とは言えない状況にある。基本的な考え方は、モノのインターネット(IoT)が普及するに従って、ネットワークの外縁部でアナリティクスを処理するデバイスの数が増加するというものだ。これはつまり、現在クラウドやデータセンターで実行されている作業が、遅延を減らすために、ネットワークのエッジ部分で処理されるケースが増えることを意味している。

 HPEはエッジの概念を推進している先駆的企業の1つであり、この取り組みにかなりの投資を行っている。HPEの最高経営責任者(CEO)Antonio Neri氏は、同社主催のカンファレンス「Discover 2018」で、ネットワークのエッジで人工知能(AI)、機械学習、自動化を可能にするための製品やサービス、コンサンプションモデルの研究開発に投資を進めていくと語った。

 Neri氏は、企業はリアルタイム性を提供するために、エッジからクラウドまでというアーキテクチャを構築する必要があると述べている。

 HPEがエッジコンピューティングに力を入れることは、多くの意味で、同社の現在の製品ポートフォリオとも整合性が取れている。HPEの「Aruba」部門は構内無線ネットワーク製品を持っており、「HPE Pointnext」はエンドポイントのインテリジェント化を行うためのプロジェクトを抱えている。

 例えば、Aruba部門は無線ネットワークの性能を向上させ、クラウド、IoT、モバイル技術で利用するソフトウェア定義のブランチソリューションを発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]