編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
調査

マネージドEDRサービス市場は前年度の2.5倍に--ITR

NO BUDGET

2018-06-23 07:00

 アイ・ティ・アール(ITR)は6月19日、国内のマネージドEDR(Endpoint Detection and Response)サービス市場規模推移および予測を発表した。

 2017年度の同市場は、売上金額が3.5億円で前年度比2.5倍となるることが分かった。また同市場の年間平均成長率は2017〜2022年度までの5年間で70.2%と急速に成長すると予測している。

マネージドEDRサービス市場規模推移および予測
マネージドEDRサービス市場規模推移および予測

 マネージドEDRサービスは、セキュリティサービスベンダーが企業ネットワークに接続しているPCなどの端末にEDRエージェントをインストールし、SOC(Security Operation Center)で監視・分析を行い、マルウェアの検知や端末の隔離などの調査および迅速な対応支援を行うもの。

 ITRは、今回の調査結果の背景には、国内企業のセキュリティ関連のリソース不足があるとしている。そして自社でEDRを運用することは非常に負荷の高い作業となるため、マネージドEDRサービスを利用する企業は、今後さらに増えていくと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]