編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ドリーム・アーツ、新カレンダ機能を搭載した「Shop らん」最新版

NO BUDGET

2018-06-28 18:24

 ドリーム・アーツは6月20日、クラウドサービス「Shop らん」の最新版の提供を開始すると発表した。

 「Shop らん」は、流通・小売業の多店舗チェーン運営を支援するクラウドサービスで、導入店舗数約3万5000店、利用人数は約53万人(海外含む)となっている。

 最新版では、パワーアップした「“新”商売カレンダー」が利用できる。従来の「商売カレンダー」では、本部から店舗へ販促イベントや商品投入のスケジュールをそれぞれ個別に表示していた。

 今回のバージョンアップでは、キーワード設定によって売り場や施策単位で情報が整理されるようになる。従来も、本部指示をいつ実施するかの把握までは容易だったが、「“新”商売カレンダー」では売り場や販促施策を1つの流れで把握することができる。


“新”商売カレンダーの「スーパーマーケット」と「アパレル」の利用イメージ
“新”商売カレンダーの「スーパーマーケット」と「アパレル」の利用イメージ

 スーパーマーケットなどでは、指示やお知らせに「エンド(陳列棚の両端部分)」「ワゴン」などのキーワードをつけることで、「売場」エリアには棚の単位ごとの情報が整理されて表示されるようになる。

 アパレル店舗などでは、「リゾートウェア」や「ボーナス商戦」といった施策ごとのキーワードを設定すると、カレンダーの「販促」エリアに施策ごとの情報がイベントなどの単位で分かりやすく表示され、異なる施策が同時進行していても、情報を混同する心配がない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]