編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
PDF Report at ZDNet

猛暑で気になる節電のポイント、再点検

PDF Report@ZDNet

2018-08-03 16:53

 2018年の夏は、全国各地で“災害に匹敵する”と言われるほどの猛暑が続く。熱中症を回避するための冷却と水分補給が欠かせないが、特に冷却はIT機器も人間と同様だ。一方でIT機器を冷却するための電力コストの増加は、今でも気になるところだろう。

 2011年の夏は3月に発生した東日本大震災の影響から全国的に電力需要がひっ迫し、各地で「節電」が叫ばれた。当時、多くのIT管理者が「計画停電」への対応などに追われ、データセンターのサーバからオフィスのPCに至るまで「節電」の工夫に明け暮れた。

 2018年の夏は、当時に比べれば電力供給が改善しているとはいえ、猛暑が冷却のための消費電力増を招くリスクは否めない。そこで2011年に掲載した記事を中心に「節電」の参考になるポイントをまとめた。

猛暑で気になる節電ポイント再点検
猛暑で気になる節電ポイント再点検

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]