海外コメンタリー

DevOps成功のための手順--導入の意外なスタート地点とは

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年09月25日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通常、DevOpsプラクティスの実践を考える時、インフラのデプロイを自動化することを思い浮かべるのが一般的だ。しかし、Puppetの新調査によると、DevOpsの導入に成功する組織は、その時点に到達するまでに、いくつもの具体的な手順を踏んでいるという。

 「DevOpsには、成功する方法はいくつもあるが、失敗に至る道筋の方が多い」と、Puppetの製品マーケティング担当ディレクターであるAlanna Brown氏は、米ZDNetに述べた。あらゆる業種の組織が、「DevOpsを導入しようとする際に、似たような課題に直面する。必要なサポートが欠如したり組織がDevOpsの重要性を認識していなかったりなど・・・こうした問題全てが出鼻をくじく原因となり、DevOpsに対して懐疑的になりかねない」と語る。

 Puppetは、2018年で第7回目を迎える年次報告書「State of DevOps」を、公開に先立って米ZDNetと共有し、社内全体で大規模なDevOps導入に苦労している組織のために、規範的な手順を示してくれた。

 本報告書(米国時間9月12日に既に公開されている)は、世界で約3000人の技術専門家を対象に、DevOpsを導入する際に実施した、具体的なプラクティスについて調査した。その結果、DevOpsの導入とスケールアップには5つのステージがあることが判明した。Puppetは、それら5つのステージを成功につなげ、次のステージに上がるために重要な2つのビジネスプラクティスをそれぞれ定義するための分析を行った。その結果、10件の重要なプラクティスといくつかの補完的なプラクティスがあることが明らかになった。

 これらのステージと対応するプラクティスは、DevOpsを大規模導入するための直線的な道筋を提供する。ステージ2とステージ3は選択的に、あるいは同時に起こるかもしれないが、インフラ配信の自動化を行うステージ4に進むために必要である。

 Brown氏は、「大切なのは成功への道筋があることだ」と述べている。

 5つのステージと各ステージを成功に導くプラクティスは、以下の通りである。

ステージ1:技術スタックの整理

 「企業は本質的に複雑なので、これは非常に重要だ」とBrown氏は述べる。過去5年間における技術の爆発的な進歩と新しいツールの登場により、開発の環境や手法が数多く整備された結果、システムが乱立するという問題を作り出してしまったという。このステージでは、チームはバージョン管理システムを利用し、オペレーティングシステム(OS)の種類を絞り込んでデプロイしている。

ステージ2:標準化とばらつきの低減

 チームはステージ1を基に、通常このステージで取り組むOSをさらに絞って単一、あるいは単一のOSファミリにするなど、技術スタックを標準化し、データベース、キーバリューストア(KVS)、メッセージキューなど、標準の技術セット上にシステムを構築する。

ステージ3:DevOpsプラクティスの拡大

 このステージでは、「DevOpsのプラクティスが開発チームと運用チームを超えて、他の機能組織へと広がり始める。各自が、チームの部外者から許可を得ることなく作業できるようになり、デプロイのパターンが再利用される」(Brown氏)

 外部の承認なしに作業できるのは効率的だが、それは「一定レベルの信頼関係が構築されてからでないと実現しない」と、Brown氏はつけ加える。「アプリケーションを10回、問題なく導入するなど、成功を重ねることで信頼が生まれる」

ステージ4:インフラ構築の自動化

 多くの組織が通常、DevOpsの取り組みの出発点だと考えがちなこの重要なステージで、チームは自部門だけでなく、より広範な用途のためにリソースを自動化し始める。2018年の調査を後援したSplunkのチーフ技術アドボケイトであるAndi Mann氏は、複数チームにまたがってリソースのプロビジョニングと自動化を行うこのステージで「社内幹部の支持を得る必要性が浮き彫りになる」と述べた。

 このステージで重要なプラクティスは、システム構成の自動化とプロビジョニングの自動化である。

ステージ5:セルフサービス機能の提供

 セルフサービスが定着するのは、組織がほかの4ステージで下地を作り、社内で高度な信頼関係を築いてからになる。このステージで重要なプラクティスは、インシデント対応の自動化と、セルフサービスを通じたリソースの提供である。

 インシデント対応の自動化まで到達するには、「マニュアルで行われているいくつかのボトルネックに対処せねばならない。インシデント解決を担当するチームは、必要なデータにアクセスできないことが多く、承認を得なければならない。そこまで自動化するには、複数チームによる緊密に協業が必要だ」とBrown氏は語る。

 Brown氏によると、その協業が行えるかどうかが、DevOpsで求められる信頼関係を組織が育んだことを実証できる、「組織文化の重要な指標」になるという。

提供:ZDNet.com

基礎的プラクティス

 Puppetは、各ステージの詳細とそのプラクティスのほか、データを使い、DevOpsを実現するための全5ステージに最も大きな影響を及ぼす、5つの基礎的プラクティスを特定した。

 そうしたプラクティスとして、アプリケーションやサービスの開発時におけるデプロイのパターンの再利用(ステージ3でも取り上げた)と、テストパターンの再利用がある。さらに、構成管理ツールの利用、ツールの改善に他のチームも関われるようにすることが挙げられる。そして最後に、成功する組織は一般的に、サービスを運用するチームが監視とアラートを設定できるようにしている。

 調査でこれらを「基礎的」プラクティスと呼んでいるのは、DevOpsの大規模な導入に成功した調査回答者の大多数が、これらのプラクティスをDevOps取り組みの初期段階から採用していたからである。

 Mann氏によると、基礎的プラクティスはすべて、DevOpsの本質的価値をいくらか反映している。例えば、「サービスを運用するチームが、監視とアラートを設定可能にするのは、エンパワーメント(権限付与)モデルだ。システム内における自身の役割を理解できるようにし、組織のために良い成果を挙げられるように権限を付与することは、DevOpsの中核を成す要素であることを意味している」と、同氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]