調査

フィールドワークの支援システム設置数、1年で約2倍増--矢野経済研究所調査

NO BUDGET

2018-10-03 09:23

 矢野経済研究所は、2018年の国内のフィールドワーク支援ソリューション市場に関する調査結果を発表した。

 これによると、2017年度の同ソリューションシステムの設置数は前年度比192.6%の4970システムと推計される。また、2020年度以降システム設置数は急速に増加し、2022年度の同システム設置数は2万7000システムになると予測している。

フィールドワーク支援ソリューションシステム設置数推移と予測
フィールドワーク支援ソリューションシステム設置数推移と予測

 ここでいう「設置数」は、現時点ではPoC(概念実証)や実証試験の段階にあるものも含まれている。また同研究所は、このソリューションが無償サービスとして提供されるケースもあり、外販されている事例は極めて少ないとも指摘している。

 市場概況について、ここ数年はIoT(モノのインターネット)の普及、スマートデバイスの進化により、この両者を融合したさまざまな現場作業者の仕事をサポートするシステムの導入が検討されるようになっているとしている。

 また、2014〜2015年度頃から医療・介護/ヘルスケア、製造業、建設業、運輸・倉庫業、物流などの産業分野を中心に、段階的に同ソリューションの実用化が始まっているとした。これを背景に、本格的に普及し始めるのは団塊世代が作業現場から去っていき、現場での人手不足がより顕在化する2020年度以降になる見込みだとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]