編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「iOS 12」で確認しておきたいセキュリティとプライバシー設定15選 - 7/16

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-20 08:30

ブルートフォースに対する保護機能を設定する

 iOSは、ブルートフォース(総当たりでパスワードのあらゆるパターンを試す)に対する保護機能を内蔵しているので、権限のないユーザーがパスコードを推測して解除しようとするのを防ぐことができる。

 「設定」>「Touch ID とパスコード」と進む。Face IDを利用できるiPhoneでは、「設定」>「Face IDとパスコード」と進む。次に現在のパスコードを入力し、スクロールして「データを消去」を選択する。

 10回失敗すると(10回目に近づくにつれ、次の入力までの待ち時間の間隔も長くなる)、iPhoneのすべてのデータが消去される。

ブルートフォースに対する保護機能を設定する

 iOSは、ブルートフォース(総当たりでパスワードのあらゆるパターンを試す)に対する保護機能を内蔵しているので、権限のないユーザーがパスコードを推測して解除しようとするのを防ぐことができる。

 「設定」>「Touch ID とパスコード」と進む。Face IDを利用できるiPhoneでは、「設定」>「Face IDとパスコード」と進む。次に現在のパスコードを入力し、スクロールして「データを消去」を選択する。

 10回失敗すると(10回目に近づくにつれ、次の入力までの待ち時間の間隔も長くなる)、iPhoneのすべてのデータが消去される。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]