編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
調査

AIを破壊的技術と見るCIOは1年で33%増--ガートナー調査

NO BUDGET

2018-10-23 10:48

 ガートナー ジャパンは、世界89カ国の主要業種に属する3000人の最高情報責任者(CIO)を対象にした調査結果を発表した。

 これによると、回答者の49%が「自社のビジネスモデルを変革済み」または「変革中である」と回答している。また、デジタル化への取り組みを拡大させたと回答したCIOは世界全体で33%に達し、2017年の前回調査の17%から増加している。

 IT予算については、回答者は2019年にIT予算が2.9%増えると予測している。前回調査では平均で3%増えると予測されており、若干減ったとはいえ、ほとんど変化はない。2019年の予算についても最大の増加率を予測している地域は、アジア太平洋で3.5%の増加を予測している。この数字は、2018年の予測であった5.1%の増加からは大幅に下がっている。また、欧州・中東・アフリカは3.3%、北米は2.4%と、どちらも増加が見込まれている。

 さらに、「どのテクノロジが最も破壊的になると思うか」という質問に対しては、人工知能(AI)を挙げる回答数が最多となり、データとアナリティクスは第2位に後退した。先進企業がAIを挙げた割合も、前回調査時の7%から40%へと急上昇している。

 導入状況では、AIの導入率はサイバーセキュリティ(88%)に次いで第2位で、回答者の37%がAIテクノロジを「導入済み」または「近い将来の導入を計画中」と答えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]