編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NEC、IoT領域でウフルと協業--データ活用型の新事業創出を支援

NO BUDGET

2019-01-11 13:01

 NECは1月8日、IoT(モノのインターネット)領域でウフルと協業を開始すると発表した。今後、連携に向けた共同開発および販売促進活動、これらを活用した顧客の新事業創出支援を共同で進めていく。

 ウフルは、IoT関連の製品開発やサービス構築を支援する基盤「enebular」を提供する。enebularで開発したアプリケーションを、NECのIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」と連係させることで、取得データを人工知能(AI)技術群「NEC the WISE」で分析可能になる。今回の協業の成果を盛り込んだサービスは、2019年1月下旬に提供を開始する。

データ活用型新事業創出のイメージ(出典:NEC)
データ活用型新事業創出のイメージ(出典:NEC)

 具体的には、enebularが有するArm Mbed OS搭載のIoTデバイス(Armデバイス)へのソフトウェア配布・デバイス管理機能に、NECのソフトウェア配布機能を組み込み、高効率なソフトウェアの配布機能を実現させる。

 また、NEC the WISE IoT Platformでenebularを活用することにより、Armデバイスの運用環境として活用でき、取得したセンサデータをNEC the WISE IoT Platformに収集・蓄積することで、NEC the WISEと連携したさまざまな分析ができるようになる。

 例えば、スマート家電に内蔵されたArmデバイスが収集するセンサデータをAIで分析することにより、故障の予兆を検知するといったことが可能となる。さらに、enebularとNECのIoTセキュリティ技術を組み合わせ、ユーザーのIoTデバイスやデバイスから取得されるデータの運用、デバイスの開発から廃棄に至るまでを安全に管理するサービスを提供していく。

 また両社の販売チャネルを活用し、製造業や流通業などの企業向けに、ユーザーが開発する製品やデバイスの運用管理の効率化、製品やデバイスから取得するデータを活用した新たなビジネス創出を支援していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]