編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ヴイエムウェアのGPLv2違反をめぐる訴訟、解決は近い?

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-03-14 06:30

 VMwareは米国時間3月4日、やや謎めいた発表を行った。そこには「VMwareは、ドイツのハンブルグ控訴裁判所が2月28日に、Hellwig氏の訴えを棄却した地方裁判所の判決を支持し、同氏の上訴を棄却するという決定を下したことに満足している」と記されている。これがどういう訴訟なのか、その概要を振り返ってみよう。

どのような訴訟なのか?Hellwig氏とは?

 手短に言うと、VMwareは同社の旗艦製品であるベアメタル仮想マシン(VM)ハイパーバイザ「VMware ESX」がLinuxのコードを不正に使用しているとして訴えられていたのだった。

 ことの発端は、Linuxの著名な開発者であるChristopher Hellwig氏が2006年8月にLinux Kernel Mailing List(LKML)上で、VMwareのエンジニアからのある支援の要請に対して「VMWare ESXにおける著作権違反行為をあなた方が是正するまで、何のサポートも提供できない。あなた方を訴えなくてもすむよう、あなた方のプロジェクトにおけるLinuxコードの不正使用を中止してもらいたい。あるいは、少なくともこの場から去り、著作権を侵害しているあなた方に対するサポートを期待しないようにしてもらいたい」と述べたことにある。

 Hellwig氏はその後、「VMwareはLinuxカーネルのバージョン2.4を大々的に改変し、巨大なバイナリブロブを追加し、法的に再配布できないLinuxカーネルを派生させた」と付け加えた

 Hellwig氏をはじめとする人々は、VMwareの製品からLinuxコードを除去するか、LinuxのGNU General Public License version 2(GPLv2)に準拠したかたちで製品をオープンソース化するよう、同社の説得を試みた。そして2011年、オープンソースソフトウェアの推進を目的とする非営利団体Software Freedom Conservancy(SFC)は、VMwareがLinuxや、Linuxに組み込まれている一般的なツールキットである「BusyBox」のソースコードに対するライセンス条件に準拠できていないことを把握した。

 SFCは、VMwareがESXと、その後継製品である「VMware ESXi」のソースコードの公開に同意したと主張している。VMwareがこれを実行に移していれば、問題は解決され、ESXファミリはGPLv2に準拠するようになっていたはずだ。しかし同社は2014年にこれを拒んだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]