編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ヴイエムウェア、GPLv2違反で提訴される--ドイツ地裁

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-09 13:33

 2007年、LinuxカーネルのトップコントリビューターであるChristoph Hellwig氏は、VMWareが同社のクラウドサービスの柱に据えているベアメタルハイパーバイザ「VMware ESX」におけるLinuxの使用に問題があると非難した。

 そして今回、Hellwig氏とSoftware Freedom Conservancyはドイツのハンブルグにあるハンブルグ地方裁判所にVMWareを提訴した。

 オープンソースソフトウェアの推進を目的とする非営利団体Software Freedom Conservancyは、VMware ESXとその後継である「VMware ESXi」のコードを公開するようVMwareとの交渉を続けてきたと主張している。同団体によると、これらプログラムのコードを公開することでLinuxのライセンスであるGnu General Public License version 2(GPLv2)に準拠するようになるという。しかし、VMwareは2014年に公開を拒んだとされている。

 同団体は今回の提訴について、「Hellwig氏とSoftware Freedom Conservancyの両者がVMwareを説得し、VMwareのESXi製品に含まれているLinuxや、その他多くのオープンソースソフトウェアやフリーソフトウェア(FLOSS)のライセンスであるGPLv2への適切な準拠を求める取り組みを続けるなかで、残念ではあるが必要な次の段階」だと捉えていると説明している。

 VMwareがESXとESXiでLinuxを使用してきたことについて、今までさほど疑念の声が上がってこなかったとVMwareは主張する。Hellwig氏は2007年に「VMwareはLinuxカーネルのバージョン2.4に変な手を加え、巨大なバイナリブロブを結合し、法的に再配布できないLinuxカーネルを派生させた」と記している。

 さらにSoftware Freedom Conservancyによると、VMwareは2011年に、ESXi製品に含まれていた、同製品版の「BusyBox」(普及している組み込みLinuxディストリビューションおよびツールキット)のソースコードの提供を一切拒んだという。BusyBoxの開発者らは昔からGPLv2の完全準拠に向けて積極的に取り組んできている。2007年、BusyBoxはGPLに関する米国での初めての裁判で勝訴した。同開発者らはその後、Verizonや、GPLv2違反が疑われる他の組織に対しても勝利を収めた。

 VMwareの企業広報責任者Michael Thacker氏は「われわれは、今回の訴訟には何のメリットもないと確信している。VMWareはオープンソースコミュニティーを積極的に受け入れ、それに参加し、全力を傾けている。ドイツの司法の場ではすべての点においてわれわれの主張が認められると確信している」と答えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]