編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
PDF Report at ZDNet

5Gのエンタープライズ活用を展望する

PDF Report@ZDNet

2019-03-15 06:00

2019年は、5G(第5世代移動体通信サービス)が世界各地で開始され、日本では秋ごろにプレサービスがスタートする予定だ。5Gは企業にどのような可能性をもたらすのだろうか。

 モバイルにおける大容量通信サービスは、2000年前後に開始された3Gが契機となった。これ以降、現在主流の4Gへの移行に伴ってモバイルインターネットが広がりを見せ、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンが爆発的に普及した。3G/4Gの大容量通信インフラとウェブやモバイルアプリは、世界の人々のライフスタイルはもとより、企業のワークススタイルも激変させたことは周知の通りである。

 そして、5Gはこうした過去20年におけるモバイルブロードバンドの集大成であるとともに、モバイルを前提とした新しい社会基盤の幕開けとなる。大容量・高密度・多接続・低遅延という5Gの特性は、ウェブやモバイルアプリの可能性をさらに広げるだけでなく、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などの新しいテクノロジの効果を具現化する。

 3G/4Gが企業に与えた影響は、主にはコンシューマー向けビジネスの拡大あるいはモバイルワークスタイルの実現といった個人にフォーカスした革新だっただろう。しかし5Gは、これらに加えてビジネスプラットフォームやITシステムのコア領域にも大きな革新をもたらすと期待される。

 いよいよ本格化する5Gサービスがエンタープライズユーザーに与える可能性についてまとめた。

「エンタープライズ5G の展望」を読む
「エンタープライズ5G の展望」を読む

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]