編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

迫る終了、増える支援策--「サイボウズLive」の次の一手を目指すサイボウズ

藤代格 (編集部)

2019-03-20 07:00

 ビジネスチャット「LINE WORKS」を開発、提供するワークスモバイルジャパン(渋谷区)では、2018年11月26日から無料の「フリープラン」の提供を開始。4月15日に終了する無料グループウェア「サイボウズLive」からの移行先として、自社のブログやセミナーの開催などでの情報発信を強化している。

代替え先として紹介(出典:ワークスモバイルジャパン)
代替え先として紹介(出典:ワークスモバイルジャパン)

 サイボウズLiveを開発、提供するサイボウズ(中央区)でも、1月10日にサービス終了特設窓口を開設。メールでのサポートに加え電話でのサポート(0800-5001051)を開始し、多くの問い合わせがあるという。

1月10日から電話対応を開始(出典:サイボウズ)
1月10日から電話対応を開始(出典:サイボウズ)

 サイボウズ ビジネスマーケティング本部 BPM部でチーム応援プロジェクトマネージャーとビジネスプロダクトマネージャーを務める岩下朗子氏は、「“終了”するとどうなってしまうのかがわからない、とりあえず電話してみたなど、問い合わせ内容は多岐にわたっている」と説明。サイボウズLiveには様々なユーザーがいると説明する。

 サイボウズで代表取締役社長を務める青野慶久氏は、サイボウズLiveのサービス終了時に発表した「開発、運用の継続が体力的に難しかった」という理由に加え、別のジレンマも感じていたと語る。

 「匿名で使えるサービスだったこともあり、誰が、どこで、どのような目的で使用しているかの把握ができなかった。悔しかった」(青野氏)。メールアドレスだけで登録可能だったこともあり、実態の把握ができなかったという。一定期間使用がない休止のような状態になっているユーザーに対しても的確にアドバイスできなかったと悔やむ。

 2018年4月に開始した「チーム応援ライセンス」は、その思いや学びを引き継ぐサービスになると説明する。非営利団体(NPO)に加えて特定条件を満たす任意団体やチームを対象に、「サイボウズOffice」や「kintone」などを含めた「cybozu.com」の各サービスを300ユーザーまで年額9900円で提供するという仕組みだ。

 「申し込みベースのため、誰が、どこで、どのような目的で使用しているかを把握できる。1社1社の顔が見えるため支援しやすい上に、少額でも対価をいただくことでしっかりとしたサービスとして提供できる」(青野氏)。使用状況を見ながら、使い方をアドバイスするなど、活用度を高められるサポートとして提供していくという。

 サイボウズで執行役員 ビジネスマーケティング本部長 兼 BPM部長を務める林田保氏は、「直接的、短期的な収益は考えていない」と説明。リターンは活用状況の収集と、認知向上だ。「サービスを活用していれば、本業などで使おうという流れにもなると思う。グループウェアを使いやすい風土を創っていきたい」(林田氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]