編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

NEC、「働き方見える化サービス」を強化

NO BUDGET

2019-04-01 11:28

 NECは3月28日、「働き方見える化サービス」を強化し、4月15日から提供すると発表した。

活用シーン
活用シーン

 今回の強化点は、利用者の操作負荷を軽減した「業務状況の把握」とウェブサービスの利用情報収集の2つになる。

 業務状況の把握では、これまで必要だった業務の開始、終了・休憩の入力操作を行うことなく、PCから活動状況データを収集し、業務状況を可視化できるようになった。これにより利用者の操作負荷を軽減するとともに、業務スケジュールと照らし合わせて業務量や工数の定量的な確認が可能となった。

 ウェブサービスの利用情報収集では、業務・作業時間集計機能を利用できるようにし、SaaSやウェブベースの交通費・出張申請などの社内システムや、受発注や生産管理などの業務システムといったWebアプリケーションで作業した時間も、個別に定量的に把握できるようになった(Internet Explorer 11利用時のみ)。また、収集した利用情報についてはCSVデータで出力でき、用途に応じて再集計や編集も行える。

 「働き方見える化サービス」の税別月額利用料金はAdvancedが980円、Standardが500円、Teleworkが250円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]